ホーム > 書籍詳細:死にかた論

死にかた論

佐伯啓思/著

1,540円(税込)

発売日:2021/05/26

書誌情報

読み仮名  
シリーズ名 新潮選書
雑誌から生まれた本 新潮45から生まれた本
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 224ページ
ISBN 978-4-10-603866-2
C-CODE 0395
定価 1,540円

「生きること」ばかり考える毎日の中で、死が近づいた時、私たちはどう向き合えばいいのか。欧米との違い、仏教渡来以前の自然観の影響、仏教の教え。西洋とは異なる日本人の心の奥底にある死生観を掘り起こす論考。

著者プロフィール

佐伯啓思

サエキ・ケイシ

1949(昭和24)年、奈良県生まれ。社会思想家。京都大学名誉教授。京都大学こころの未来研究センター特任教授。東京大学経済学部卒。東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得。2007年正論大賞。『隠された思考』(サントリー学芸賞)『反・幸福論』『日本の宿命』『西田幾多郎』『さらば、資本主義』『反・民主主義論』など著作多数。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

佐伯啓思
登録

書籍の分類