ホーム > 書籍詳細:冷戦後の日本外交

冷戦後の日本外交

高村正彦/著 、兼原信克/著 、川島真/著 、竹中治堅/著 、細谷雄一/著

1,705円(税込)

発売日:2024/06/27

  • 書籍
  • 電子書籍あり

危機の時代を率いた外政家によるオーラルヒストリー。

「外交の失敗は一国を滅ぼす」。1980年の初当選以来、その信条と共に政治活動を続けてきた希代の外政家・高村正彦。その軌跡は、国民世論と国際貢献の狭間で苦闘してきた冷戦後日本の姿と重なる。自衛隊の海外派遣、強大化する中国との関係、アジアの民主化、集団的自衛権の一部容認まで、日本外交の舞台裏を語る。

書誌情報

読み仮名 レイセンゴノニホンガイコウ
シリーズ名 新潮選書
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判変型
頁数 208ページ
ISBN 978-4-10-603912-6
C-CODE 0331
ジャンル 政治
定価 1,705円
電子書籍 価格 1,705円
電子書籍 配信開始日 2024/06/27

著者プロフィール

高村正彦

コウムラ・マサヒコ

1942(昭和17)年生まれ。衆議院議員。自由民主党副総裁。弁護士。外務大臣、防衛大臣、法務大臣などを歴任。

兼原信克

カネハラ・ノブカツ

1959年山口県生まれ。同志社大学特別客員教授。東京大学法学部を卒業後、1981年に外務省に入省。フランス国立行政学院(ENA)で研修の後、ブリュッセル、ニューヨーク、ワシントン、ソウルなどで在外勤務。2012年、外務省国際法局長から内閣官房副長官補(外政担当)に転じる。2014年から新設の国家安全保障局次長も兼務。2019年に退官。著書に『歴史の教訓――「失敗の本質」と国家戦略』などがある。

川島真

カワシマ・シン

東京大学教授。

竹中治堅

タケナカ・ハルカタ

細谷雄一

ホソヤ・ユウイチ

1971年、千葉県生まれ。慶應義塾大学法学部教授。立教大学法学部卒業。英国バーミンガム大学大学院国際関係学修士号取得。慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻博士課程修了。博士(法学)。北海道大学専任講師などを経て、現職。主な著書に、『戦後国際秩序とイギリス外交』(サントリー学芸賞)、『倫理的な戦争』(読売・吉野作造賞)、『外交』、『国際秩序』、『安保論争』、『迷走するイギリス』、『戦後史の解放I 歴史認識とは何か』など。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

高村正彦
登録
兼原信克
登録
川島真
登録
竹中治堅
登録
細谷雄一
登録
政治
登録

書籍の分類