ホーム > 書籍詳細:ヤフートピックスを狙え―史上最強メディアの活用法―

【ウェブ新聞の編集長が伝授】宣伝費0円、文字数13字、影響力無限!

ヤフートピックスを狙え―史上最強メディアの活用法―

菅野夕霧/著

734円(税込)

本の仕様

発売日:2010/04/16

読み仮名 ヤフートピックスヲネラエシジョウサイキョウメディアノカツヨウホウ
シリーズ名 新潮新書
発行形態 新書、電子書籍
判型 新潮新書
頁数 191ページ
ISBN 978-4-10-610362-9
C-CODE 0234
整理番号 362
ジャンル マスメディア
定価 734円
電子書籍 価格 648円
電子書籍 配信開始日 2011/10/28

現在、日本最強のニュースメディアは「ヤフートピックス」である。ここで言及された商品は爆発的に売れ、地方都市のイベントでも全国的な注目を集めてしまう。逆に言えば、「宣伝費ゼロ円」で話題を作り出すことが可能になるのだ。「ヤフー」へニュースを提供し、「トピックス」への記事掲載経験も豊富なウェブ新聞の編集長が、「誰でもできる話題作りのノウハウ」を開陳する。

著者プロフィール

菅野夕霧 カンノ・ユウギリ

1968(昭和43)年北海道生まれ。コピーライター、『市ケ谷経済新聞』編集長、(株)TIME VIZ PRプランナー兼クリエイティブディレクター。前職はパナソニック(株)の宣伝部門。『不況に負けない経済グッドニュース』(森永卓郎監修)を企画・編集。

目次

まえがき
第一章 「話題」の発信源を探る
変化する「話題」の発信源/ヤフートピックスの威力/話題の発信は「いつでも」「どこでも」「だれでも」可能に
第二章 ヤフートピックスの特徴
ニュースを書かないヤフー/三五〇〇本のニュースを随時アップ/トピックスは視覚で“見せる”一三文字/見出しに「!」はつけない/八本の並びにも意味付け/人によってアナログ選抜されるトピックス/トピックスの選抜とトップページへの掲載/トピックスの四本柱/話題づくりのヒントは「地域」「経済」と「写真ピックアップ」に/時代を動かす影響力
第三章 トピックスに見る話題の分類(1)――「挑む・挑ませる」
ニュースとは何か/ニュースの種類/トンカツでギネス――【記録に挑戦する】/焼き鳥戊辰戦争――【対決する】/ちゃぶ台返し世界大会――【競争させる】/「あなたって便座」――【公募・検定】/「挑む・挑ませる」のまとめ
第四章 トピックスに見る話題の分類(2)――「見た目」
世界一デカいハンバーガー――【大きく・長く】/八〇〇〇人でラジオ体操――【大量にする】/白いイチゴ、ハート形の花火――【色・カタチで差別化する】/五〇〇万円純金ジョッキ――【豪華・高級にする】/ひこにゃん・せんとくん――【大使づくり=キャラ】/ワンニャン駅長――【大使づくり=動物】/「見た目」のまとめ
第五章 トピックスに見る話題の分類(3)――「組み合わせ」
レキジョが通う殺陣教室――【男・女が逆転】/水中入社式――【専門性を極める】/バッハを聴かせたみそ――【異物の足し算】/草刈りを牛にシフト――【時流を取り込む=エコ】/遊べる貯金箱――【時流を取り込む=不況・デフレ】/萌えイラスト食品――【時流を取り込む=アキバ系文化】/公衆便所に命名権――【時流を取り込む=命名権】/その他の時流・トレンド/オバマ氏と小浜市/懐かしの給食をホテルで――【再現・復活する】/まずかったら返金バーガー――【無料にする】/「組み合わせ」のまとめ
第六章 「話題」増幅の味方
イケメン店員を父の日商戦に――【発信タイミングの検討】/派遣社員向け格安ラーメン――【限定要素の付与】/一泊二食一〇九円の宿――【完売・行列】を想定/悪い景観一〇〇選――【ピンチをチャンスに】/「勝手に宣伝」時代を享受――【ウェブサイトの所有】/「話題」増幅の味方のまとめ
第七章 あなたのアイデアを話題に
「ハッピーニュース」を待つ世の中/「ホリエモン」の革命的意味/「報道」はコントロールできない/「本物」だから話題になる/話題の陰には必ず熱い人間の存在/ニュースリリースという名の「物語」/ニュースリリースの書き方
あとがき

蘊蓄倉庫

見出しに「!」はつけない

 ヤフートピックスの見出しでは、「!」マークを使わないそうです。トピックスの見出しは、最大文字数13字。これを、読ませるというより視覚として「見せる」ように工夫しています。限られた文字数の中で、「読者の興味を引くような事実自体」を提示しているので、「!」マークのような煽りは差し控えているとのことです。ちなみに、カギ括弧や「?」マークは使用しています。
掲載:2010年4月23日

感想を送る

新刊お知らせメール

菅野夕霧
登録する
マスメディア
登録する

書籍の分類

この分類の本

ヤフートピックスを狙え―史上最強メディアの活用法―

以下のネット書店よりご購入ください。

※ 詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

電子書店

Shincho Live!