ホーム > 書籍詳細:天皇の憂鬱

終戦、恋愛、天災、終活……徹底取材で明らかになる、天皇の“心模様”。

天皇の憂鬱

奥野修司/著

864円(税込)

本の仕様

発売日:2019/03/15

読み仮名 テンノウノユウツ
シリーズ名 新潮新書
装幀 新潮社装幀室/デザイン
雑誌から生まれた本 週刊新潮から生まれた本
発行形態 新書
判型 新潮新書
頁数 250ページ
ISBN 978-4-10-610805-1
C-CODE 0221
整理番号 805
ジャンル 政治・社会
定価 864円

天皇は憂(うれ)えている。戦前も、戦後も、平成の世も――国民がなかなか知ることができないその内面に、大宅賞作家が徹底した取材で深く迫っていく。終戦の日、まだ少年だった今上天皇は何を思われたのか。美智子皇后との恋愛をどのように成就されたのか。いつから、なぜ被災地で跪(ひざまず)かれるようになったのか。「終活」はいつから始められたのか。皇室の家計簿はどうなっているのか。……柔らかな筆致でいま浮かび上がる皇室の「光と陰」。

著者プロフィール

奥野修司 オクノ・シュウジ

1948(昭和23)年、大阪府生まれ。ノンフィクション作家。立命館大卒。『ナツコ 沖縄密貿易の女王』で講談社ノンフィクション賞と大宅賞を受賞。『ねじれた絆』『皇太子誕生』『心にナイフをしのばせて』『魂でもいいから、そばにいて』『ゆかいな認知症』など、著作多数。

目次

まえがき――日本人にとって天皇とは何か
1 陛下はなぜひざまずかれるのか――天災と天皇
被災者と天皇陛下/平成は災害の時代/〈何もひざまずく必要はない〉/跪きながら語りかける/分刻みのスケジュール/いつから跪かれたのか/伊勢湾台風――最初のお見舞い/お見舞いは天皇のご意志/熊本地震――元侍従との再会/陛下からの「ありがとう」/東日本大震災――超人的な活動/生前退位――「上皇」になられても/天皇の憂鬱
2 天皇はいつから「終活」を始められたのか――「生前退位」秘録
「生前退位」報道の衝撃/退位のご意向はいつから?/ホルモン療法の影響/天皇と終活――「死すべき定め」のご受容/同窓会に出かけられる理由/安倍政権との距離/「生前退位」前夜
3 なぜ軽井沢を深く愛されるのか――美智子妃、交流の記
本当に自由になれる土地/辻邦生との交流/「武」ではなく学問/部屋に上がってお茶を/皇室を支えたクエーカー人脈/正田邸との別れの歌
4 終戦の日をどう迎えられたか――天皇皇后とあの戦争
「慰霊の旅」の原点/終戦の日の天皇の夕食/「先の大戦」が終わった日/原爆で亡くなった「美智子妃の親族」/沖縄について深く学ぶ/皇太子時代のノート/陛下が詠んだ琉歌の意味/祈りに込められた思い/失われていく記憶
5 家計簿の中身とは――天皇家と東宮家に見るふところ事情
情報公開でわかった「公」と「私」/事前調査に二度行った/天皇皇后の行幸啓なら/両陛下「了解済」の印/宮中晩餐会フルコースの費用/園遊会を彩る寿司と酒/手術の数は職員より少ない/海外には「宮内庁病院」はない/「新電力」も利用/“ねじれ”をどうするのか
6 なぜ恋愛は成就されたのか――美智子妃、密会のとき
母の死/「美智子さまが泣いていた」/「お母さまを、お守りください」/「美智子妃いじめ」の中で/お忍びで正田家に/軽井沢がいちばんの楽しみ/流産後の葉山ご静養/洗礼を受けた母・富美子
あとがき

感想を送る

新刊お知らせメール

奥野修司
登録する

書籍の分類

この分類の本

天皇の憂鬱

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto