ホーム > 書籍詳細:老人の美学

年寄嗤うな、明日の自分。最初で最後、最強の人生論!

老人の美学

筒井康隆/著

770円(税込)

本の仕様

発売日:2019/10/17

読み仮名 ロウジンノビガク
シリーズ名 新潮新書
装幀 新潮社装幀室/デザイン
発行形態 新書
判型 新潮新書
頁数 158ページ
ISBN 978-4-10-610835-8
C-CODE 0210
整理番号 835
ジャンル 文学・評論
定価 770円

青年、中年からやがて老年へ。人生百年時代にあっても、「老い」は誰にとっても最初にして最後の道行きなのだ。自分の居場所を見定めながら、社会の中でどう自らを律すればいいのか。周囲との付き合い方から、孤独との向き合い方、いつか訪れる最期を意識しての心の構えまで――85歳を迎えた巨匠・筒井康隆が書き下ろす、斬新にして痛快、リアルな知恵にあふれた最強の老年論!

著者プロフィール

筒井康隆 ツツイ・ヤスタカ

1934(昭和9)年、大阪市生れ。同志社大学卒。1960年、弟3人とSF同人誌〈NULL〉を創刊。この雑誌が江戸川乱歩に認められ「お助け」が〈宝石〉に転載される。1965年、処女作品集『東海道戦争』を刊行。1981年、『虚人たち』で泉鏡花文学賞、1987年、『夢の木坂分岐点』で谷崎潤一郎賞、1989(平成元)年、「ヨッパ谷への降下」で川端康成文学賞、1992年、『朝のガスパール』で日本SF大賞をそれぞれ受賞。1996年12月、3年3カ月に及んだ断筆を解除。1997年、パゾリーニ賞受賞。2000年、『わたしのグランパ』で読売文学賞を受賞。2002年、紫綬褒章受章。2010年、菊池寛賞受賞。2017年、『モナドの領域』で毎日芸術賞を受賞。他に『家族八景』『敵』『銀齢の果て』『ダンシング・ヴァニティ』『アホの壁』『現代語裏辞典』『聖痕』『世界はゴ冗談』など著書多数。

筒井康隆ホームページ (外部リンク)

目次

はじめに
一 人生の時代区分と老人年齢の設定
二 「敵」の主人公・渡辺儀助の美学
三 グランパ・五代謙三の生き方と死
四 老人が昔の知人と話したがる理由
五 孤独に耐えることは老人の美学か
六 ちょいワル老人はなぜか魅力的だ
七 ご隠居の知恵「愛のひだりがわ」
八 美しい老後は伴侶との融和にあり
九 老人が老人であることは悪なのか
十 「老人は汚い」と言われないために
十一 安楽死など老人の死にかたの問題
十二 老人が死を美的に迎え入れる方法
後記

担当編集者のひとこと

一老人としての美学

 超高齢化という面で世界の先頭を走り続ける日本では、これまで数多の老年論が刊行されてきました。老いを自然のなりゆきとして受容しようとするもの、あるいは一種の人間の成熟と位置付けて肯定的にとらえるもの、わが身の老化をふまえてユーモラスに体験を物語るもの、実用的なものから医学、哲学的なものまで、内容も実に多種多様です。
 もっとも、どれだけ一般化・普遍化しても、老いとは誰にとっても最初にして最後の道行きです。やがて訪れる最期を意識しながら、自分の居場所を見定め、社会の中で自らをどう律するか。著者が「作家としての美学ではなく、あくまで一老人としての美学」と言うように、老いて言動や生活態度がみっともなくならないための、実際的な知恵がふんだんに紹介されています。85歳を迎えた巨匠が、老年論の集大成として世に残す一作です。

2019/10/25

感想を送る

新刊お知らせメール

筒井康隆
登録する

書籍の分類

この分類の本

老人の美学

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto