ホーム > 書籍詳細:興行師列伝―愛と裏切りの近代芸能史―

やるか、やられるか。それが興行の世界だ! 松竹、吉本、大映、東宝……血と汗と金にまみれた、創業者たちの仁義なき攻防戦。

興行師列伝―愛と裏切りの近代芸能史―

笹山敬輔/著

902円(税込)

本の仕様

発売日:2020/01/17

読み仮名 コウギョウシレツデンアイトウラギリノキンダイゲイノウシ
シリーズ名 新潮新書
装幀 新潮社装幀室/デザイン
発行形態 新書、電子書籍
判型 新潮新書
頁数 271ページ
ISBN 978-4-10-610845-7
C-CODE 0274
整理番号 845
ジャンル 歴史・地理
定価 902円
電子書籍 価格 902円
電子書籍 配信開始日 2020/01/24

華やかな舞台での熱演、鳴り止まぬ大歓声……しかしその裏では、血と汗と金にまみれた争いがあった――。情熱と野望で大衆芸能の発展に貢献した、松竹・吉本・大映・東宝の創業者たち。その波瀾万丈の人生やライバルとの仁義なき戦いを、膨大な資料からドラマチックに描く。ヤクザや官との癒着、札束攻撃、二枚舌……昔も今も、芸能界はグレーゾーンだらけの弱肉強食の世界。注目の演劇研究者による、興行師たちの物語。

著者プロフィール

笹山敬輔 ササヤマ・ケイスケ

1979(昭和54)年、富山県生まれ。演劇研究者。筑波大学大学院博士課程人文社会科学研究科文芸・言語専攻修了。博士(文学)。著書に『演技術の日本近代』『幻の近代アイドル史――明治・大正・昭和の大衆芸能盛衰記』『昭和芸人 七人の最期』。

目次

はじめに
第一章 十二代目守田勘弥――近代興行の父
興行師の明治維新/借金大王/守田座移転問題/劇場の視覚・聴覚・嗅覚/カブキ資本主義/歌舞伎の戦争報道/櫓のない劇場/改革者の闇落ち/興行専門代言人 田村成義/芸能界談合事始/座元のプライド/敵に回してはいけない男
第二章 大谷竹次郎――経営と道楽の超克
青い眼の菊五郎/松竹のファミリーヒストリー/竹次郎、劇場を買う/竹次郎の野望/関東vs.関西/前門の松竹、後門の帝劇/木挽町陥落 歌舞伎座は我が手中にあり/松竹無双 一騎当千/新たなる敵/誰が歌舞伎を救ったか/血と水の相克/興行師はつらいよ
第三章 吉本せい――やがて哀しき興行師
首領の死/朝ドラヒロイン全開/すばらしい新世界/吉本のブランド戦略/だいおおさかばんざい/吉本の民衆娯楽論/大阪アンタッチャブル/漫才師は戦場へ行った/大阪代理戦争/浅草電撃作戦/おもろうてやがて哀しき興行師
第四章 永田雅一――ヤクザとグランプリ
ヤクザからディズニーまで/永田雅一はそこにいる/ヤクザが作ってヤクザが売る/裏切りの序曲/太秦の熱い日/悪魔的奇手/私の大事なだんな様/神話の国の人だもの/世界の永田、千本組の雅一/花待ち得たる今日の対面/一縷の幻想/恩讐の彼方に
第五章 小林一三――大実業家の最後の“夢”
河童の国/箕有電車で行こう/国民をプロデュース/興行改革のマニフェスト/巨大劇場への対処法/有楽町に建てましょう/特命支配人 秦豊吉/東宝vs.松竹 三大劇場 興行界最大の決戦/東宝vs.松竹 THE MOVIE/大東亜の純真/時代の流れに身をまかせ/赤い東宝/「国民劇」繚乱/宝塚の救世主/神なき時代の演劇
おわりに
【参考文献&ブックガイド】

インタビュー/対談/エッセイ

日本「興行」噺

笹山敬輔

 2020年は、いよいよオリンピックイヤーである。
 それにしても、開催決定からの日本は、新国立競技場建設問題にはじまって、エンブレム盗作疑惑、招致を巡る贈収賄疑惑、マラソンの開催地変更と、オリンピックに振り回されてきた。平和とスポーツの祭典のオリンピックといえども、観客から入場料をとって娯楽を提供するイベントである以上は、一種の興行だろう。そして興行には、昔からトラブルがつきものだ。その多発するトラブルを、カネとヒトを使ってうまくおさめるのは、興行師の役目である。だから、一連の東京オリンピック問題の対応が後手後手にまわっているのは、偉大な興行師が不在だからではないかと思えてくる。
 本書は、近代日本の芸能史に登場する、五人の大興行師の栄枯盛衰を描いている。東宝の小林一三や松竹の大谷竹次郎、吉本興業の吉本せい、大映の永田雅一など、まさに興行界のレジェンドたちだ。彼らが、日本の芸能のかたちをつくったといっても言い過ぎではないだろう。彼らがオリンピックに関わることはなかったが、全く無関係というわけでもない。
 明治十一(1878)年に再開場した新富座は、歌舞伎の劇場だが、外国の賓客を接待し、日本の「近代化」を世界に示すための「おもてなし」の劇場でもあった。近代オリンピックが誕生する以前には、国家の威信をかけ、世界に自国をアピールする役割を演劇が担っていたのである。もちろん、これには仕掛人がいる。政界・官界と歌舞伎界をつなぎ、歌舞伎を明治政府の国家戦略の中に位置付けようとしたのは、明治の興行師・十二代目守田勘弥である。昨今、吉本興業と政治の関係がしばしば話題にのぼるが、その萌芽は明治初期にまで遡るのだ。
 また、オリンピックがもっていた、国威を発揚して国民を統合するという役割も、かつては演劇が担っていた。小林一三は、宝塚歌劇が成功してからも、男女俳優が共演し、国民が共有できる「国民劇」の創成に生涯こだわり続けた。興行師は、舞台をプロデュースするとともに、「国民」をもプロデュースしていたのだ。一方で、そのことが戦時下には暗い影を落とすことになる。
 名作と呼ばれる大河ドラマ「いだてん」と比べるのはおこがましいが、「いだてん」が「オリンピック」を通じた近代史であるなら、本書は「興行」を通じた近代史であり、「興行」に携わった者たちの群像劇である。敵味方がたえず入れ替わり、ヤクザや政治家をも巻き込みながら、相手を出し抜こうと権謀術数をめぐらす。そこまでして、彼らが「興行」に魅せられたのはなぜなのか、その一端を感じてもらえればうれしい。

(ささやま・けいすけ 演劇研究者)
波 2020年2月号より

感想を送る

新刊お知らせメール

笹山敬輔
登録する

書籍の分類

この分類の本

興行師列伝―愛と裏切りの近代芸能史―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto

興行師列伝―愛と裏切りの近代芸能史―

以下のネット書店よりご購入ください。

※ 詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

電子書店

Shincho Live!