ホーム > 書籍詳細:その病気、市販薬で治せます

その病気、市販薬で治せます

久里建人/著

924円(税込)

発売日:2021/06/17

書誌情報

読み仮名 ソノビョウキシハンヤクデナオセマス
シリーズ名 新潮新書
装幀 新潮社装幀室/デザイン
発行形態 新書、電子書籍
判型 新潮新書
頁数 287ページ
ISBN 978-4-10-610910-2
C-CODE 0247
整理番号 910
ジャンル 家庭医学・健康
定価 924円
電子書籍 価格 924円
電子書籍 配信開始日 2021/06/17

バファリンとイブ、どう違う? 花粉症薬、結局何がいい? じつは処方薬と同じ薬? ドラッグストアでもう迷わない。薬剤師が徹底解説。

「風邪を引いたらまず医者へ」そんな常識は過去のものに!? 国のセルフメディケーション政策で、おなじみの病院薬は次々に市販化、処方薬と市販薬の間の壁は融解しつつある。解熱鎮痛剤、花粉症薬、胃腸薬など定番の常備薬から、水虫薬、痔の薬、発毛剤、精力剤など人には言いにくい薬まで、最新の成分と実際の効能を解説。激変する市販薬事情をふまえ、薬局と薬剤師を大活用する方法を分かりやすく伝授する。

目次
はじめに
第1章 「風邪で病院へ行くべきか」問題
病院と薬への思い込みと誤解/病院で処方される「風邪薬」の正体/本当に風邪に抗菌薬(抗生物質)は必要ない?/「コモンコールド」を知っていますか?/抗菌薬は古くて新しい問題/知識を生かし、ドラッグストアを活用する
第2章 ドラッグストアと市販薬で起きている「激変」
薬剤師の間で高まるドラッグストア人気/「アレグラ」解禁がすべてを変えた/病院の薬と市販薬の違い/市販薬は病院薬の劣化版?/病院薬と市販薬の「壁」が融解する未来/「薬のナビゲーター」という存在
第3章 「バファリン」と「イブ」は何が違うのか?
薬の特徴を“パターン”で捉える
〈うがい薬〉風邪に処方されるうがい薬は買える
〈鎮痛薬〉おさえておきたい4つの成分/日本人ばかり大量消費する「ロキソニン」
〈風邪薬〉「症状」で選ぶ理由/医療従事者にもファンの多い「葛根湯」
〈外用鎮痛薬〉「温湿布」vs.「冷湿布」/「貼る」vs.「塗る」
〈胃腸薬〉「コンビニの胃薬」と「ドラッグストアの胃薬」の違い
〈下痢止め〉止めていい下痢、止めてはいけない下痢/「正露丸」は何の薬?
〈目薬〉トレンドは「超高級目薬」/防腐剤入りは本当に目に悪いのか
〈花粉症薬〉「一番効く薬」が飲み薬とは限らない/ステロイド点鼻薬のコツ
〈口内炎薬〉「アフタ性口内炎」の場合/中国で“神薬”と呼ばれたパッチタイプ
〈保湿剤〉社会問題になった「ヒルドイド美容処方」/本当に「風呂上がりすぐ」?
第4章 人には聞けない「あの薬」
「コッソリ治したい」に役立つ市販薬
〈水虫薬〉そもそも「それは水虫かどうか」問題
〈ダイエット〉「ナイシトール」(防風通聖散)の本当の効果と副作用
〈精力剤〉インターポールも追う「偽造品」/安全でユニークな日本の市販精力薬
〈発毛剤〉「薄毛治療薬の戦国時代」を制すのは誰か?/「リアップ」一強を崩した「スカルプD」/高価格商品の「ビタミン」に効果はあるか?
〈消臭〉「デオコおじさん」現象と“汗のにおいエチケット”/口臭対策で大事なこと
〈痔〉“塗らずに治す”ヒット商品「へモリンド舌下錠」
〈睡眠の悩み〉副作用を転用した「ドリエル」の注意点
第5章 毎日を元気に乗り切るために
〈体質改善と健康維持〉「カタカナ漢方」の時代/漢方薬の科学的根拠
〈民間伝承薬〉日本のソウルメディシン/「栄養ドリンクよりも養命酒」?
〈栄養ドリンク〉1本2000円だから効果大?
第6章 「最強の薬箱」作りの罠と注意点
市販薬は究極の「時短」になる/物言わぬ専門家「添付文書」/添付文書は「※印」を確認する/薬が効かなくなる危険性、効きすぎる危険性/「排尿困難」の男性に要注意の風邪薬/医療用と市販で違う「効能・効果」/「飲むタイミング」は効き目に影響するか/ネット通販で気をつけたい「使用期限」/「医薬品副作用被害救済制度」のルール/災害時に需要度が高い市販薬一覧/「長期連用」でいつのまにか乱用者に/危険性が認知されにくいカフェイン/風邪薬なしでは生活できない“金パブ”依存/頭痛薬で頭痛が起きる無限ループ/「本当は危険な市販薬」話の危険性/「最強の薬箱」の第一歩は
第7章 インフォデミックとコロナ禍
アイドルで市販薬を選んでもいい?/消費者がチェックしづらい市販薬情報/誤解を招く売り出し方――“早く治す”“新商品風”/コロナ禍の失敗――消毒薬をめぐる混乱/「市販薬リテラシー」の歴史/「医師が選んだ市販薬」はいい薬なのか?/SNS空間を襲う「インフォデミック」/「WELQ事件」とグーグルアップデート/正確な医療情報を見分けるコツ/「バズった情報」を疑ってみる
第8章 市販薬2・0――「セルフメディケーション」の未来
これからの市販薬の買い方/国の医療負担を抑える「セルフメディケーション税制」/処方箋薬でも市販薬でもない「零売」/年々増えるドラッグストア発のPB品/ツイッター懸賞、ゆるキャラ/「古い」「多い」「派手」――日本型セルフメディケーョンの問題点/「自力で治す」ではない/拡大するネット通販/購入データは霧の中/ドラッグストアを「身近な健康相談所」に
おわりに
参照文献一覧

著者プロフィール

久里建人

クリ・ケント

薬剤師。2005年に薬剤師免許取得後、医療用医薬品情報に関わる業務等を経て、市販薬の店舗責任者や新規事業関連のマネージャーを務める。ブログ「ドラッグストアとジャーナリズム」やSNSを通じて一般消費者向けに情報を発信し、講演、寄稿、書籍監修等も行う。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

久里建人
登録
家庭医学・健康
登録

書籍の分類