ホーム > 書籍詳細:ビートルズ

ビートルズ

北中正和/著

858円(税込)

発売日:2021/09/17

書誌情報

読み仮名 ビートルズ
シリーズ名 新潮新書
装幀 新潮社装幀室/デザイン
発行形態 新書、電子書籍
判型 新潮新書
頁数 238ページ
ISBN 978-4-10-610922-5
C-CODE 0273
整理番号 922
ジャンル ノンフィクション
定価 858円
電子書籍 価格 858円
電子書籍 配信開始日 2021/09/17

なぜ、彼らだけ別格なのか。解散から50余年、世界史の中でビートルズを読み直す。

1970年のグループ解散から数えて、すでに半世紀。にもかかわらず、いまなおカリスマ性を失わず、時代、世代を越えて支持され続けるビートルズ。いったん頂点に上り詰めても、たちまち忘れ去られるのが流行音楽の常なのに、なぜ彼らだけは例外なのか――。世界各地のポピュラー・ミュージックに精通する音楽評論の第一人者が、彼ら自身と楽曲群の地理的、歴史的ルーツを探りながら、その秘密に迫る。

目次
はじめに
序章 なぜビートルズだけが例外なのか
労働者階級/自作自演/世界で10億枚/変化し続けたグループ/「一過性」から「歴史」へ/政治的発言/前例のない文化現象
【1】故郷リヴァプール
「マギー・メイ」「ペニー・レイン」をめぐる章
田舎者扱い/植民地貿易の拠点/奴隷貿易による繁栄/メルヴィルとモービー/イギリス初の鉄道/ビートルズの青銅像とゴレー通り/空襲による衰退/リトル・アメリカ
【2】ジョン・レノンはアイルランド人か
「マイ・ボニー」「悲しみはぶっとばせ」をめぐる章
U2ボーノの発言/トニー・シェリダン&ザ・ビート・ブラザーズ/ドイツから取り寄せた25枚/民族と宗教/4人のルーツ/ベルト・ケンプフェルト/レイ・チャールズへの憧れ/ボニーとは誰か/ロッド・スチュワートとスティング/アイルランドの音楽/ボブ・ディランの影響/新天地ニューヨーク
【3】ミンストレル・ショウの残影
「ミスター・カイト」「フリー・アズ・ア・バード」をめぐる章
ジョン・レノンの祖父の経歴から/ブラックフェイス/イギリスでも流行/混血のサーカス団長とミスター・カイト/奴隷解放と黒人霊歌/ミュージック・ホール/BBCのミンストレル・ショウ/バンジョーを弾いていたジュリア
【4】スキッフルがなければ
「レディ・マドンナ」「ハニー・パイ」をめぐる章
手作りの楽器を使い演奏/南部からシカゴへ/ロニー・ドネガン/エルヴィスにはなれなくとも/ジョンとポールの出会い/バディ・ホリー調/ブギウギ風のピアノ
【5】作品の源流はどこに?
「ティル・ゼア・ウォズ・ユー」「イエスタデイ」をめぐる章
あらゆるタイプの音楽の影響/両親も気に入る曲を/ジョンもロック一筋ではない/「バス内の合唱」はロック以外の曲/「ポップ」の定義とは/ジャズ、R&B、カントリー/ビートルズ登場前夜/ロックンロールとロックの関係
【6】カヴァー曲、R&B、ラテン音楽
「ベサメ・ムーチョ」「ツイスト・アンド・シャウト」をめぐる章
エルヴィスが壊した人種の壁/ジョージの「早熟」「通」/リトル・リチャード以後/黒人音楽のカヴァーの多さ/単なる模倣を超える/消えた「べサメ・ムーチョ」/キューバ音楽「ソン」の影響/ラテン系リズムのヒット曲/音楽の歴史のうねり/「アイ・フィール・ファイン」もラテンだった
【7】カリブ海、アフリカとの出会い
「蜜の味」「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」をめぐる章
大戦後に激増した移民/カリプソ歌手たち/スティール・ドラム/ハンブルクへの道/年齢詐称の入れ知恵も/舞台はマンチェスター/ジャマイカのリズム「スカ」/アイランド・レコード/ライフ・ゴーズ・オン/3度のレコーディング/ジャンルとして定着
【8】60年代とインド音楽
「ノルウェーの森」「トゥモロウ・ネヴァー・ノウズ」をめぐる章
ロックの定義の更新/コーナーショップ/『ヘルプ!』に登場したインド人/何でもあり/『チベットの死者の書』/狂気を通訳したジョージ・マーティン/ラヴィ・シャンカルに弟子入り/ワールド・ミュージックの先取り/インド行き/ゴッドファーザー、ラヴィ
【9】ふたつのアップルの半世紀
「ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー」をめぐる章
係争を繰り返した両者/モノクロからカラーへ/完成までに5週間/オリジナリティと創造性/強い共感/空想は現実より素晴らしい/「ビジネスの手本はビートルズ」
【10】ビートルズはなぜ4人組か
「アイ・アム・ザ・ウォルラス」「ゲット・バック」をめぐる章
ハンブルクでは5人組/電気的なサウンド/放送禁止された「危険な」エレクトリック・ギター/電気エネルギー時代の象徴/既成の価値観が問われた時代/「彼らはお互いに属している」/青春物語の終わり/ヴァーチャルなバンドと幻の聴衆
おわりに
主な参考文献

薀蓄倉庫

ジョージ・マーティンも偉大だった

 商業的な成功と社会的な名声を手にしたビートルズは、実験的な音楽にも挑戦します。代表作『リヴォルヴァー』に収録された「トゥモロウ・ネヴァー・ノウズ」もその1つ。しかし、メロディ展開のない常識外れのこの曲がレコーディングできたことについて、ジョージ・ハリソンは、プロデューサーのジョージ・マーティンへの感謝を後日こう語っていました。「彼はいつもそばにいて、ぼくたちの狂気を通訳してくれた」。著者の北中正和さんはこうしたジョージ・マーティンの能力は、かつて彼が所属していたレコード・レーベル「パーロフォン」の多様な音楽の価値を認めてきた伝統に根ざしたものと指摘し、同じ時期に実験的な音楽を志しながらキャピトル・レコードの理解を得られなかったビーチ・ボーイズの不幸と対照的だと記しています。

掲載:2021年9月24日

担当編集者のひとこと

ビートルズは何からできているのか。

 どちらかというとワールド・ミュージックのイメージが強い北中正和さんに、ビートルズについて書いていただきました。とはいえ北中さんはポピュラー音楽評論の第一人者ですから、日本の歌謡曲にも詳しいし(『にほんのうた 戦後歌謡曲史』新潮文庫版は絶版、現在は平凡社ライブラリーから)、もちろんポピュラー音楽史に残る大事件であるビートルズについても詳しい。先日、担当編集者の実家に転がっていた1976年の音楽雑誌では「ビートルズの全アルバム徹底視聴!」という特集の中で、「ラバー・ソウル」を担当執筆されていました。
 とはいえ『ビートルズ』は、彼らについての知られざるエピソードを紹介するビートルズ・マニア向けの本ではありません。書かれているのは主に「ビートルズ(とその音楽)は何からできているのか」ということについてです。北中さんはそのために、ジョン・レノンの祖父が関わっていたかもしれない19世紀のミンストレル・ショウの歴史を遡り、ジョンとポールを結び付けた1950年代のスキッフル・ブームの中身を点検します。音楽の地理・歴史という点から見ると非常にマニアックではありますが、ビートルズ好きの上級者にも初心者にも、大変役に立つ本になっております。

2021/09/24

著者プロフィール

北中正和

キタナカ・マサカズ

1946(昭和21)年奈良県生まれ。京都大学理学部卒業。音楽評論家。東京音楽大学講師。日本ポピュラー音楽学会、ミュージック・ペンクラブ・ジャパン会員。著書に『ロック史』(立東舎文庫)『毎日ワールド・ミュージック』(晶文社)『にほんのうた』(平凡社ライブラリー)など。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

北中正和
登録

書籍の分類