ホーム > 書籍詳細:母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

宮川サトシ/著

616円(税込)

発売日:2014/08/09

書誌情報

読み仮名 ハハヲナクシタトキボクハイコツヲタベタイトオモッタ
シリーズ名 BUNCH COMICS
雑誌から生まれた本 くらげバンチから生まれた本
発行形態 コミック
判型 B6判
頁数 175ページ
ISBN 978-4-10-771761-0
C-CODE 9979
ジャンル コミック
定価 616円

いつか必ず訪れる最愛の人との別れ。その後の日々をいかに生きていくか――。どこか勝手の違う“母親のいない世界の違和感”を新鋭が紡ぎだす自伝エッセイ漫画。

「自分の母親だけは、絶対に死なないと思い込んでいた――」最愛の母のがん告知、闘病、葬儀。そして死後も淡々と続いていく日常で作者が発見したこと。現実と真摯に向き合う過程で見えてきた“母の死”の意味とは――。どこか勝手の違う“母親のいない世界の違和感”を新鋭が紡ぎだす自伝エッセイ漫画。(完結)

  • 映画化
    母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。(2019年2月公開)
  • 舞台化
    母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。(2015年6月公演)

まとめテーマでくくる 本選びのヒント

著者プロフィール

宮川サトシ

ミヤガワ・サトシ

1978年生まれ。岐阜県出身。地方出身妖怪たちの日常を哀愁あふれるタッチで描いたコメディー『東京百鬼夜行』で2013年デビュー。最愛の人を喪った哀しみとそこからの再生を描いた自伝エッセイ『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』は、多くの共感を得た。原作者をつとめるSFギャグ『宇宙戦艦ティラミス』のほか、『情熱大陸への執拗な情熱』『そのオムツ、俺が換えます』『僕!!男塾』(原作)など話題作多数。

判型違い

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

宮川サトシ
登録
コミック
登録

書籍の分類