ホーム > 書籍詳細:ドイル傑作集 冒険編

ホームズ生みの親であるコナン・ドイルが発表した傑作短編群から、冒険をテーマとした作品を収録。

ドイル傑作集 冒険編

コナン・ドイル/著 、延原謙/訳

1,540円(税込)

本の仕様

発売日:2000/10/06

読み仮名 ドイルケッサクシュウボウケンヘン
シリーズ名 新潮オンデマンドブックス
発行形態 オンデマンドブックス
判型 新潮オンデマンドブックス
頁数 136ページ
ISBN 978-4-10-865028-2
定価 1,540円

コナン・ドイルはホームズシリーズの数倍にもおよぶ作品をのこしている。ここには、冒険をテーマにした短編を収録した。エジプト山岳地帯での実に滑稽な冒険談「ヒラリ・ジョイス中尉の初陣」、山奥の孤独な放浪者を驚惑させたひとつの不条理な人生図「ガスタ山の医師」、ジプシー部落での武勇伝「借りものの情景」、荒海の冒険「アーケンジェルから来た男」、世紀の発明をめぐる皮肉な結末「ブラウン・ペリコード発動機」、著者の若いころの感傷的な作品「開かずの部屋」の6編。

著者プロフィール

コナン・ドイル Doyle,sir Arthur Conan

(1859-1930)アイルランド人の役人の子として、スコットランドのエディンバラに生れる。エディンバラ大学の医学部を卒業し、ロンドンで開業するが、家計の足しにするために文筆に手を染める。『緋色の研究』(1887)を皮切りに次々と発表された私立探偵シャーロック・ホームズと友人ワトスン博士を主人公とする一連の作品は世界的大人気を博し、「シャーロッキアン」と呼ばれる熱狂的ファンが今なお跡を絶たない。

延原謙 ノブハラ・ケン

(1892-1977)岡山県生れ。早稲田大学卒。逓信省電気試験所勤務の後、「新青年」(博文館)「雄鶏通信」(雄鶏社)編集長を務める。のち、翻訳に専念、コナン・ドイルを始め英米推理小説の翻訳多数。

感想を送る

新刊お知らせメール

コナン・ドイル
登録する
延原謙
登録する

書籍の分類