ホーム > 書籍詳細:紅い陽炎

紅い陽炎

夏樹静子/著

2,530円(税込)

発売日:2001/10/05

書誌情報

読み仮名 アカイカゲロウ
シリーズ名 新潮オンデマンドブックス
発行形態 オンデマンドブックス
判型 新潮オンデマンドブックス
頁数 224ページ
ISBN 978-4-10-865128-9
定価 2,530円

34歳の主婦が殺された。捜査が進むにつれて、陽炎のように燃え上がる、翔ぼうとしても翔べない女たちの怨嗟が明らかに……。

子供をベビーホテルに預け、デリカテッセンで夕食の献立をそろえ、ジャズダンス、小説教室へと通う。そんな新しいライフ・スタイルを楽しむ34歳の主婦が殺された。捜査が進むにつれて、主婦たちの秘められた想いが明らかにされて行く……。欲望渦巻く都会の片隅で、翔ぼうとしても翔べない女たちの怨嗟が、陽炎のように燃え上がる。日常に潜む狂気を描き出す、異色のミステリー。

著者プロフィール

夏樹静子

ナツキ・シズコ

東京生れ。慶應義塾大学英文科卒。在学中からNHKの推理番組の脚本を手掛ける。結婚で一時中断するが、1969(昭和44)年江戸川乱歩賞に『天使が消えていく』で応募、執筆を再開する。繊細な心理描写を用い、社会性に富む題材を扱う。1973年、『蒸発』で日本推理作家協会賞、1989(平成元)年に仏訳『第三の女』でロマン・アバンチュール大賞、2006年、日本ミステリー文学大賞を受賞。著書は『Wの悲劇』『白愁のとき』『茉莉子』『量刑』『見えない貌』など多数。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

夏樹静子
登録

書籍の分類