ホーム > 書籍詳細:北の岬

日本に婚約者がいながら、修道女と運命的な邂逅をした留学生“私”。至純の愛への覚醒を描く表題作含む、珠玉の短編全5編収録。

北の岬

辻邦生/著

2,530円(税込)

本の仕様

発売日:2002/02/01

読み仮名 キタノミサキ
シリーズ名 新潮オンデマンドブックス
発行形態 オンデマンドブックス
判型 新潮オンデマンドブックス
頁数 222ページ
ISBN 978-4-10-865159-3
定価 2,530円

日本に二年の歳月を待ちこがれる婚約者がいるにもかかわらず、パリからの帰途、修道女マリ・テレーズと運命的な邂逅をした留学生“私”の内面を通して、永遠の光に照らされた至純の愛への覚醒を描く表題作。ほかに、晴朗な筆致で現代人の陥ち込んだ、この不確かな生、曖昧な生に、豊かな生命の息吹きを吹き込む珠玉の短編「ランデルスにて」「風塵」「円形劇場から」「叢林の果て」全5編を収録する。

著者プロフィール

辻邦生 ツジ・クニオ

(1925-1999)東京生れ。1957(昭和32)年から1961年までフランスに留学。1963年、長篇『廻廊にて』を上梓し、近代文学賞を受賞。この後、芸術選奨新人賞を得た1968年の『安土往還記』や1972年に毎日芸術賞を受けた『背教者ユリアヌス』等、独自の歴史小説を次々と発表。1995(平成7)年には『西行花伝』により谷崎潤一郎賞受賞。他の作品に『嵯峨野明月記』『春の戴冠』等。

感想を送る

新刊お知らせメール

辻邦生
登録する

書籍の分類