ホーム > 書籍詳細:丹下左膳(一)

剣鬼丹下左膳が大暴れする傑作伝奇小説。独眼隻腕の剣士という、ニヒルな人間像を創造して、昭和初期の人気を独占した大衆文学。

丹下左膳(一)

林不忘/著

3,630円(税込)

本の仕様

発売日:2003/06/06

読み仮名 タンゲサゼン01
シリーズ名 新潮オンデマンドブックス
発行形態 オンデマンドブックス
判型 新潮オンデマンドブックス
頁数 330ページ
ISBN 978-4-10-865278-1
定価 3,630円

名奉行大岡越前守が治安を預かる大江戸。神変夢想流大試合の一夜、不慮の災いから所有主の許を離れた大小二口の妖刀――分ければ災いたちまち下り屍山血河を築き、互いに慕いあって夜毎に啜り泣くという宿業の乾雲丸、坤竜丸。大は怪剣士丹下左膳の、小は諏訪栄三郎の手に渡り、それを狙って諸国の剣客、美女、妖婦らが卍となって血の雨降らす……。

著者プロフィール

感想を送る

新刊お知らせメール

林不忘
登録する

書籍の分類