ホーム > 書籍詳細:立ち盡す明日

知識人の胸の奥に巣くう虚無と孤独の心と、愛の挫折とを描きあげた、『されどわれらが日々――』に続く長編第二作。

立ち盡す明日

柴田翔/著

1,870円(税込)

本の仕様

発売日:2004/06/04

読み仮名 タチツクスアス
シリーズ名 新潮オンデマンドブックス
発行形態 オンデマンドブックス
判型 新潮オンデマンドブックス
頁数 166ページ
ISBN 978-4-10-865350-4
定価 1,870円

一流銀行の調査部員・佐室孝策の家に、妻・聡子の従妹・由希子が同居することになり、ふとした出来事から、由希子は孝策に愛を感じ始める。それは、稚い愛ではあったが、十分に、家庭崩壊の危機をはらむものであった――。知識人の胸の奥に巣くう虚無と孤独の心と、それらゆえの愛の挫折とを、明晰かつ抒情的な文体で描きあげた、『されどわれらが日々――』に続く長編第二作。

著者プロフィール

柴田翔 シバタ・ショウ

1935(昭和10)年東京生れ。東大工学部から文学部独文科に転じ、修士課程修了。1964年『されど われらが日々――』で芥川賞受賞。小説家として活動しながら、東京都立大学、東京大学、共立女子大学の助教授・教授を歴任する。

感想を送る

新刊お知らせメール

柴田翔
登録する

書籍の分類