ホーム > 書籍詳細:檀一雄の従軍日記を読む

檀一雄の従軍日記を読む

山城千惠子/編・著

2,090円(税込)

発売日:2024/07/31

  • 新潮社図書編集室

『火宅の人』の作家が遺した軍隊生活の記録。その全貌が初めて明らかに。

アジア・太平洋戦争末期の1944年初夏。檀一雄は陸軍報道班員として大陸に渡り、約10か月の従軍生活を送った。遺された2冊の日記には戦地の生々しい記録と、作家の「創作ノート」の両側面がある。全集にも未収録だったその内容を初めて詳細に読み解き、作家の知られざる内面を浮き彫りにした、文学史上貴重な資料。

書誌情報

読み仮名 ダンカズオノジュウグンニッキヲヨム
発行形態 新潮社図書編集室
判型 四六判
頁数 236ページ
ISBN 978-4-10-910285-8
C-CODE 0095
定価 2,090円

著者プロフィール

山城千惠子

ヤマシロ・チエコ

1957年、東京都豊島区生まれ。地方公務員を経て、公益財団法人練馬区文化振興協会の学芸員として博物館にて展覧会の開催や各事業にあたる。檀一雄、五味康祐をはじめ練馬区に関連する小説家や詩人などの顕彰事業を行う。2023年3月退職。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

山城千惠子
登録

書籍の分類