ホーム > 雑誌を探す > 雑誌詳細:ENGINE > 雑誌詳細:ENGINE 2016年7月号

[巻頭特集]写真とクルマ
19世紀に生まれ、20世紀に花開いたふたつの機械芸術の関係を探る。

ENGINE 2016年7月号

(毎月26日発売)

特別定価1,100円(税込)

雑誌の仕様

発売日:2016/05/26

発売日 2016/05/26
JANコード 4910019970767
定価 特別定価1,100円(税込)

この号の誌面

編集長から

写真とクルマ

 19世紀の初めにダゲールらによって発明された写真と、19世紀の終わりにダイムラーとベンツによって発明された自動車。いずれも「科学の世紀」ならではの探究心と情熱から生まれたふたつの機械技術は、やがて20世紀に入ると驚異的な進歩と急速な大衆化を遂げて、人々の日常生活に欠かせない道具となる一方で、ある種のエンスージアストの偏愛の対象でもあるような、特別な機械芸術として花開いていく。今月号の巻頭特集では、その「写真」と「クルマ」の関係をクローズアップしてみることにした。すなわち、その誕生の時代から常に写真の重要な被写体であり続けるクルマがどう撮られてきたかを検証することで、ともに寄り添いながら成長してきた両者のしあわせな関係を探ろうとする試みである。ラルティーグ、ブレッソン、ドアノー、木村伊兵衛から森山大道、ホンマタカシ、梅佳代まで。古今東西の写真作家はもちろん、エンジンゆかりの自動車カメラマンの代表作も網羅する大特集である。

ENGINE編集長・村上 政

バックナンバー

雑誌バックナンバーの販売は「発売号」と「その前の号」のみとなります。ご了承ください。

雑誌から生まれた本

ENGINEとは?

2000年8月に創刊された自動車を話題の中心とする月刊誌。自動車専門誌の枠にとどまることなく、ファッションや腕時計、ハウス・プロダクトやグルメ、さらには映画や音楽まで、大人の男性が関心を寄せるあらゆる分野の情報を網羅する。「エンジン、それは前に進む力」を合い言葉にして、読者とともに生活をより豊かに、力強く前進させていくことを目指す。