お知らせ

Dr.知念からの挑戦状! 知念実希人フェア開催!!
(終了しました)

問題に正解すると、知念作品に貴方が登場!

Image
知念実希人「天久鷹央」シリーズ

 本屋大賞ノミネート、さらには広島本大賞、沖縄書店大賞のダブル受賞で、いま最も注目される作家・知念実希人
一番売れている医療ミステリー「天久鷹央」シリーズを全面帯&新帯でフェア展開です。
 帯ウラに書かれた「挑戦状」問題に正解した読者の中から抽選で1名様に知念作品へ登場する権利をプレゼント!

関連リンク

著者紹介

知念実希人チネン・ミキト

1978年、沖縄県生れ。東京慈恵会医科大学卒、日本内科学会認定医。2004年から医師として勤務。2011年「レゾン・デートル」で島田荘司選 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞。2012年、同作を『誰がための刃』と改題し、デビュー。「天久鷹央」シリーズほか、『あなたのための誘拐』『仮面病棟』『時限病棟』『螺旋の手術室』『屋上のテロリスト』『黒猫の小夜曲(セレナーデ)』などの著書がある。2018年、『崩れる脳を抱きしめて』が本屋大賞ノミネート。