ホーム > News Headlines > 代官山文学ナイト:井上荒野×江國香織トークイベント『あの映画みた?』刊行記念

イベント/書店情報終了しました

代官山文学ナイト:井上荒野×江國香織トークイベント
『あの映画みた?』刊行記念

ご好評につき定員に達したため、参加受付は終了いたしました

代官山文学ナイト:井上荒野×江國香織トークイベント『あの映画みた?』刊行記念

開催日時 2018年07月31日(火)19:00
会場 代官山 蔦屋書店 1号館 2階 イベントスペース
問い合わせ先 Tel.03-3770-2525
URL 詳細はこちらをご覧ください。
備考 ※ご好評につき定員に達したため、参加受付は終了いたしました
定員:50名

著者紹介

井上荒野イノウエ・アレノ

1961年東京都生まれ。成蹊大学文学部卒業。1989年「わたしのヌレエフ」で第1回フェミナ賞を受賞し、デビュー。2004年『潤一』で第11回島清恋愛文学賞、2008年『切羽へ』で第139回直木賞、2011年『そこへ行くな』で中央公論文芸賞、2016年『赤へ』で柴田錬三郎賞、2018年『その話は今日はやめておきましょう』で織田作之助賞を受賞。著書に『ママがやった』『綴られる愛人』『あちらにいる鬼』など。

江國香織エクニ・カオリ

1964年東京都生まれ。1987年「草之丞の話」で「小さな童話」大賞、1989年「409ラドクリフ」でフェミナ賞、1992年『こうばしい日々』で坪田譲治文学賞、『きらきらひかる』で紫式部文学賞、1999年『ぼくの小鳥ちゃん』で路傍の石文学賞、2002年『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』で山本周五郎賞、2004年『号泣する準備はできていた』で直木賞、2007年『がらくた』で島清恋愛文学賞、2010年『真昼なのに昏い部屋』で中央公論文芸賞、2012年「犬とハモニカ」で川端康成文学賞、2015年『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』で谷崎潤一郎賞を受賞。他の著書に『ちょうちんそで』『はだかんぼうたち』『なかなか暮れない夏の夕暮れ』など多数。小説以外に、詩作や海外絵本の翻訳も手掛ける。

書籍紹介