ホーム > News Headlines > 〈鳥かごフラワーアレンジメント〉をつくろう 第1回/第2回 〜la kaguホリデーワークショップ〜

イベント/書店情報終了しました

〈鳥かごフラワーアレンジメント〉をつくろう
第1回/第2回

〈鳥かごフラワーアレンジメント〉をつくろう 第1回/第2回 〜la kaguホリデーワークショップ〜

親しい方へのクリスマスギフトとして、あるいは、お正月にご自宅を華やかに彩るために、〈鳥かごフラワーアレンジメント〉を作ってみませんか?
〈鳥かごフラワーアレンジメント〉は、シックな雰囲気の鳥かごを使い、その中や外にお花を飾りつけた、インテリアとしても大活躍するアレンジメントです。
講師をつとめるのは、神楽坂にある花屋「てん.」の渡邉直子さん。
「てん.」は独特の色使いや花の組み合わせが人気の花屋で、ブーケやアレンジメントだけでなく、会場装飾やウィンドウディスプレイ、人気アーティストのPVのフラワーコーディネートまで幅広く手がけ、注目されています。なかでも〈鳥かごフラワーアレンジメント〉は、「てん.」の開店当初からの人気商品です。

今回、鳥かごは持ち運びしやすい手頃なものを使います。花材は、生花とドライフラワーをあわせて約10種類は揃えますので、お客さまのお好みをお選びいただけます。生花は持ちがよく、ドライフラワーになっても楽しめるものを用意します。さらに、リボンや毛糸、ボンボンなど、アレンジメントのアクセントとなる飾りも多数ご用意いたします。お好みでクリスマス仕様にしていただくこともできます。

フラワーアレンジメントは初めてという方、手先を使う作業は自信がないという方も、講師がしっかり教えますのでご安心ください。ご自分のセンスに合わせ、楽しみながら取り組んでいただけます。ぜひ、世界に1つの〈鳥かごフラワーアレンジメント〉をつくりにいらしてください。各回15人限定のワークショップになりますので、お申込はお早めに!


【花屋てん.の紹介】
主宰・尾林健一とデコレーター・渡邉直子による神楽坂の花屋。それぞれ都内の花屋で経験を積み、2005年に「てん.」を立ち上げる。花束やアレンジメント、ウィンドウディスプレイ、空間デコレーション、撮影の装花など多方面で活動中。ファッションや音楽業界のファンも多い。花そのものの素材を最大限に生かしながら、異素材を組み合わせることで、新たな花の可能性に挑戦している。

開催日時 2018年11月30日(金)※本イベントは2回制となっております。
■第1回 12:30~14:00(12:15開場)
■第2回 15:00~16:30(14:45開場)
会場 la kagu(ラカグ)2F レクチャースペースsoko  東京都新宿区矢来町67
(東京メトロ東西線神楽坂駅矢来口出てすぐ)
問い合わせ先 新潮社ラカグ室
fax:03-3266-7185 E-mail:sokoinfo@shinchosha.co.jp
URL 詳細はこちらをご覧ください。
備考 ■参加チケット(材料費込み)/6,500円

※材料・道具・お持ち帰り用のラッピング・紙袋はすべてこちらでご用意いたします。必要な方はエプロンをお持ちください。
※ご購入いただいたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。ご了承ください。
※開場は開演の15分前です。