お知らせ

いま注目の1冊!

第18回小林秀雄賞受賞! 戦後を代表する批評家・初の評伝

Image

 江藤淳さんが自裁されたのは1999年7月21日。夕方に雷雨が降った日ですが、もう20年経ちました。『江藤淳は甦える』は、最後に会った編集者である著者・平山周吉さんが5年がかりで完成させた1500枚の大作です。執筆にあたり、平山さんは江藤淳の発表されたすべての文章や談話に目を通す、というルールを自らに課しました。
 しかし、江藤さんの文章は明快なのに、人生は謎が多い。読めば読むほど実像は見えなくなる。平山さんは、選考委員の片山杜秀さんが「平山周吉は名探偵なのです。しかもしぶとい。『刑事コロンボ』を思い出さずにはおれません」というごとく、テキストの細部から周到に事実を読み込み、知人達に徹底的な取材を続けて、「『戦後』という時代を生きた日本人全体の『自画像』なのではないか」(関川夏央さん選評より)と評される重厚な伝記を仕上げました。
 菊地信義さんの装幀は、4歳半で死別した母・江頭廣子と遺書で本文を挟む形を採っています。江藤さんの生は、その2つの写真に象徴されるという読みによるデザインです。大江健三郎との絶交、「右」と「左」でなぜか一致する吉本隆明との交流など、戦後知識人の織り成す群像劇としても読める一冊、秋の夜長にうってつけです。

波 2019年10月号「新潮社の新刊案内」より

著者紹介

平山周吉ヒラヤマ・シュウキチ

昭和27(1952)年東京生まれ。慶應義塾大学文学部国文科卒。出版社で雑誌、書籍の編集に従事した。2019年4月現在、雑文家。著書に『昭和天皇「よもの海」の謎』(小社刊)、『戦争画リターンズ 藤田嗣治とアッツ島の花々』(芸術新聞社)がある。

書籍紹介

雑誌紹介