ホーム > News Headlines > 〜『愛という名の支配』(田嶋陽子著/新潮文庫)&『エトセトラ』VOL.2(エトセトラブックス)刊行記念イベント〜

イベント/書店情報

田嶋陽子×山内マリコ×柚木麻子
「We LOVE 田嶋陽子!」

〜『愛という名の支配』(田嶋陽子著/新潮文庫)&『エトセトラ』VOL.2(エトセトラブックス)刊行記念イベント〜

〈日本でいちばん有名なフェミニスト〉田嶋陽子さんを、作家の山内マリコさん&柚木麻子さんが囲むトークイベントを開催いたします。
この10月、田嶋陽子さんの代表作『愛という名の支配』が文庫化され、再び話題となっています。約30年前に刊行されて以降、多くの女性たちに勇気を与えてきたフェミニズムのバイブルです。
山内マリコさんと柚木麻子さんにとって、人生で最初に出会ったフェミニストが、まさに田嶋陽子さんでした。デビュー以降、現代に生きる女性のリアルな姿や、女性同士の関係を書いてきたおふたりが大きな影響を受けたと言います。そしてこの11月、田嶋先生への熱いリスペクトを込め、山内さん、柚木さんが責任編集をつとめたフェミマガジン『エトセトラ 特集:We LOVE 田嶋陽子!』号が刊行されました。
この2冊の刊行を記念した、一夜限りのフェミナイト。山内さん柚木さんがみなさんを代表して、田嶋さんが解く「私たちが幸せになるフェミニズム」について伺います。どうぞお楽しみに!

*チケット購入時に、田嶋陽子さんへ聞きたいことを募集しています。ぜひお寄せください。なお、時間の都合上すべての質問にお答えできかねますこと、あらかじめご了承ください。

開催日時 2019年12月16日(月)19:00~20:30(開場 18:30)
会場 AKOMEYA TOKYO in la kagu 2F レクチャースペースsoko
東京都新宿区矢来町67(東京メトロ東西線神楽坂駅矢来口出てすぐ)
問い合わせ先 新潮社ラカグ室
fax:03-3266-7185 E-mail:sokoinfo@shinchosha.co.jp
URL 詳細はこちらをご覧ください。
備考 〈チケット情報〉
■2,000円/自由席

※トーク終了後、会場で購入された方を対象に、田嶋陽子さんによる『愛という名の支配』のサイン会を行います。時間の都合上、サインはお1人様1冊とさせていただきます。
※ご購入いただいたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。
※開場は開演の30分前です。

関連リンク

著者紹介

田嶋陽子タジマ・ヨウコ

1941(昭和16)年、岡山県生まれ、静岡県育ち。満州や母の故郷の新潟で戦時中を過ごす。1969年、津田塾大学大学院博士課程修了。2度イギリスに留学。1976年、法政大学教授。2001(平成13)年、参議院議員。還暦を過ぎてからシャンソンと「書アート」を始め、自分の世界をつくるべく格闘中。

山内マリコヤマウチ・マリコ

1980年、富山県生れ。2008年「16歳はセックスの齢」で女による女のためのR-18文学賞読者賞を受賞。2012年、初の単行本『ここは退屈迎えに来て』を刊行。ほかの著書に『アズミ・ハルコは行方不明』『さみしくなったら名前を呼んで』『パリ行ったことないの』『東京23話』『買い物とわたし』などがある。

柚木麻子ユズキ・アサコ

1981(昭和56)年、東京都生れ。2008 (平成20)年「フォーゲットミー、ノットブルー」でオール讀物新人賞を受賞し、2010年に同作を含む『終点のあの子』でデビュー。 2015年『ナイルパーチの女子会』で山本周五郎賞を受賞。ほかの作品に 『ランチのアッコちゃん』『伊藤くん A to E』『その手をにぎりたい』『奥様はクレイジ ーフルーツ』などがある。

書籍紹介