ホーム > News Headlines > 一青妙「新しい台湾を見つけよう」 『わたしの台湾・東海岸』、とんぼの本『台南』刊行記念トーク

イベント/書店情報終了しました

『わたしの台湾・東海岸』、とんぼの本『台南』刊行記念トーク 一青妙「新しい台湾を見つけよう」

『わたしの台湾・東海岸』、とんぼの本『台南』の刊行を記念して一青妙さんのトークイベントを開催します。

一青妙「新しい台湾を見つけよう」 『わたしの台湾・東海岸』、とんぼの本『台南』刊行記念トーク

 台湾旅行ブームです。台湾行きの飛行機はたいてい満席。台湾のガイド本も、女性誌の台湾特集も、数えきれないほど出版されています。ただ、そのほとんどが台北中心の内容……台湾には、台北以外に楽しい場所がないのかと誤解されないか、心配になるほどです。

 もちろん、台湾の面白さは、台北以外の場所にもたくさんあります。むしろ「台北以外にこそ本当の台湾がある」、と言う人もいます。
 例えば、台湾の古都である台南。日本統治時代の建築や遺構も多く、そして台湾一の美食の街です。また、花蓮や台東などの東海岸には、抜けるような青空、美しい自然、ユニークな先住民文化、そして温泉と、楽しむポイントが山ほどあります。そんな「台北以外」の場所を楽しむノウハウとディープな情報を、台湾全土をくまなく歩き回っているエッセイストの一青妙さんが、皆さんにたっぷりお伝えします。

開催日時 2016年11月25日(金) 19:00〜20:30(受付開始18:30)
会場 la kagu(ラカグ)2F レクチャースペースsoko  東京都新宿区矢来町67
(東京メトロ東西線神楽坂駅矢来口出てすぐ)
問い合わせ先 新潮社ラカグ室
fax:03-3266-7185 E-mail:sokoinfo@shinchosha.co.jp
URL 詳細はこちらをご覧ください。
備考 ■チケット:1,500円(自由席)

※トーク終了後に、一青妙さんによる『わたしの台湾・東海岸』、とんぼの本『台南』を対象にしたサイン会を行います。書籍は会場でも販売いたします。
時間の都合上、冊数制限を設けさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。

著者紹介

一青妙ヒトト・タエ

台湾屈指の名家「顔家」出身の父と日本人の母との間に生まれ、幼少期は台湾で育ち、11歳から日本で暮らし始める。エッセイスト、女優、歯科医として活躍中。著作に『私の箱子(シャンズ)』『ママ、ごはんまだ?』(ともに講談社)、『わたしの台南「ほんとうの台湾」に出会う旅』『わたしの台湾・東海岸「もう一つの台湾」をめぐる旅』(ともに新潮社)。台湾と日本をつなぐ架け橋となる活動が高く評価され、台南市親善大使や中能登町観光大使に相次いで任命されている。『ママ、ごはんまだ?』を原作にした日台合作映画が製作中で、妹の歌手一青窈が主題歌を歌い、自身も映画に出演。2017年春の公開が予定されている。

書籍紹介