お知らせ

いま注目の1冊!

元特殊部隊員が描く、迫真のドキュメント・ノベル

Image

 元特殊部隊員が小説を書く時代が、日本にもついに来た。そう、良くも悪くも、ついに来たのです。そして、その問題作は、刷を重ねてベストセラーとなりつつあります。著者は、全自衛隊初の特殊部隊、海上自衛隊「特別警備隊」の創設にも関わった、伊藤祐靖氏。前月号で掲載した、石破茂元防衛大臣の対談相手の、あの方です(対談はこちらと、Book Bangでも公開されています)。
 北朝鮮でクーデターが勃発し、拉致被害者の居場所が判明した――その状況で、救出は可能なのか? もとい、日本政府は実行するのか? 政府の動きから作戦行動の詳細まで、「救出」をシミュレーションしつつ、ストーリーと設定以外は、実在の人物と事実を思い浮かべて書いたとのこと、これほどに自衛隊の現実リアルを伝えるドキュメント・ノベルはないでしょう。とはいえ、私たちは、政治家は、人質奪還の代償として生じる多大な損耗(死傷)を直視できるのでしょうか。なにしろ、人が命をかけて行う軍事行動です。それでもやるべきなのか。簡単に行けといえるのか、見殺しにできるのか。今後の議論の糧としていただきたい一冊です。
 現場の声を通して、これまで謎に包まれていた最強の部隊の内実も垣間見え、興奮の読書体験となること間違いありません。

波 2020年8月号「新潮社の新刊案内」より

著者紹介

伊藤祐靖イトウ・スケヤス

1964年、東京都に生まれ、茨城県で育つ。日本体育大学から海上自衛隊に入隊。防衛大学校指導教官、護衛艦「たちかぜ」砲術長を経て、「みょうこう」航海長在任中の1999年に能登半島沖不審船事案に遭遇した。これをきっかけに全自衛隊初の特殊部隊である海上自衛隊「特別警備隊」の創設に携わった。2007年、2等海佐の42歳のときに退官。後にフィリピンのミンダナオ島で自らの技術を磨き直し、2020年6月現在は各国の警察、軍隊への指導で世界を巡る。国内では、警備会社等のアドバイザーを務めるかたわら私塾を開き、現役自衛官らに自らの知識、技術、経験を伝えている。著作に『国のために死ねるか 自衛隊「特殊部隊」創設者の思想と行動』『自衛隊失格 私が「特殊部隊」を去った理由』などがある。

書籍紹介

雑誌紹介