ホーム > 雑誌を探す > 雑誌詳細:波 > 雑誌詳細:波 2020年7月号

今月の表紙の筆蹟は、山田章博さん。

波 2020年7月号

(毎月27日発売)

100円(税込)

雑誌の仕様

発売日:2020/06/27

発売日 2020/06/27
JANコード 4910068230706
定価 100円(税込)
「波」はお近くの書店からもご注文できます。

阿川佐和子/やっぱり残るは食欲 第34回
【特集 コロナ禍を暮す】
土井善晴/おいしく、生きる。 連載番外編

[新連載]内田 樹/カミュ論

隈 研吾『ひとの住処―1964-2020―』(新潮新書)
隈 研吾/コロナ禍を経て、住処を考える
【ペリー荻野『テレビの荒野を歩いた人たち』刊行記念】
[対談]ペリー荻野×泉 麻人/やっぱりテレビは凄かった!

【武田綾乃『どうぞ愛をお叫びください』刊行記念】
[対談]武田綾乃×ナポリの男たち/ゲーム実況への愛をお叫びください

【伊藤祐靖『邦人奪還―自衛隊特殊部隊が動くとき―』刊行記念】
[対談]伊藤祐靖×石破 茂/当事者が語る自衛隊の「リアル」
津村記久子『サキの忘れ物』
福永 信/津村記久子傑作短編集

百田尚樹『地上最強の男―世界ヘビー級チャンピオン列伝―』
宮崎正博/ボクシングが“キング”だった時代のチャンプたち

フランシス・ホジソン・バーネット、川端康成/訳『小公子』(新潮文庫)
北上次郎/「此処ではない何処か」へ行く物語

一木けい『全部ゆるせたらいいのに』
彩瀬まる/「愛の力」の呪いを断つ

佐々木敦『これは小説ではない』
保坂和志/小説を考えるための強力な導き

永井紗耶子『商う狼―江戸商人 杉本茂十郎―』
縄田一男/哀しみの獣・茂十郎

古野まほろ『新任警視』
古野まほろ/見てきた〈ように〉嘘を吐く

渡辺 豪『遊廓』(とんぼの本)
井上章一/『遊廓』に見る数奇屋とアール・デコ
ブレイディみかこ『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』
[インタビュー]ブレイディみかこ/生きること、変わり続けていくこと

[特別読物]二宮敦人/ぼくらは人間修行中
【私の好きな新潮文庫】
堀井憲一郎/テキストは絶対ではない
 チャールズ・ディケンズ、中野好夫/訳『デイヴィッド・コパフィールド(一〜四)』
 ユゴー、佐藤 朔/訳『レ・ミゼラブル(一〜五)』
 パール・バック、新居 格/訳、中野好夫/補訳『大地(一〜四)』
【今月の新潮文庫】
ヘミングウェイ、高見 浩/訳『老人と海』
新潮文庫編集部/「スター・クラシックス」を知っていますか
【コラム】
[とんぼの本]
とんぼの本編集室だより

三枝昂之・小澤 實/掌のうた

[新潮新書]
中溝康隆『令和の巨人軍』
中溝康隆/“今”のジャイアンツも最高です。
【連載】
バリー・ユアグロー 柴田元幸 訳/オヤジギャグの華 第15回
南沢奈央 イラスト・黒田硫黄/今日も寄席に行きたくなって 第7回
小松 貴/にっぽん怪虫記 第7回
永田和宏/あなたと出会って、それから…… 第7回
川本三郎/荷風の昭和 第26回
編輯後記 新潮社の新刊案内 編集長から

立ち読み

編集長から

今月の表紙の筆蹟は、山田章博さん。

佐藤優さんのオンライン 新潮講座〈コロナ後の民主主義〉に参加しました。テキストはホブズボーム『20世紀の歴史』とカミュペスト』。講義中にふと(つい別のことも考える)、『ペスト』のエピグラフには他の本で見覚えがあるのに気づきました。
大岡昇平さんの『俘虜記』のエピグラフが、『ペスト』から孫引きした、「或る監禁状態を別の監禁状態で表わしてもいいわけだ デフォー」でした。カミュが例えば〈戦時下の状況〉を疫病が蔓延する封鎖都市に仮託したように、収容所の生活を描くことで〈GHQ占領下の日本〉を諷刺する意図を作者はほのめかしているわけですね。
◎大岡さんはこのエピグラフという西洋小説の匂いのする形式が好きで、『武蔵野夫人』には「ドルジェル伯爵夫人のような心の動きは時代おくれであろうか ラディゲ」、『花影』に原語で記されているのを訳すと「覚えていて下さい、私の名はピア。シエナで生れ、マレンマで死にました ダンテ」、『野火』は「たとひわれ死のかげの谷を歩むとも ダビデ」(これは中村真一郎『死の影の下に』への対抗意識からつけられた)。決まってますよねえ。内容を暗示し、華やかで、意味深長に読者を誘惑してくる。
◎もう一つ、巻頭を飾るものに〈献辞〉があります。J・アーヴィングの『ガープの世界』で、作家のガープは新作を書き上げたのに「この本を献げる人間が見つからない」と悩みます。「だれにも献げてないのはみたいですからね」。アメリカの作家はそんなことで悩むのかと吃驚しますが、大岡さんには献辞にも胸をうつ名作(?)があって、『レイテ戦記』の扉裏に曰く――「死んだ兵士たちに」。
▽次号の刊行は七月二十八日です。

お知らせ

バックナンバー

雑誌バックナンバーの販売は「発売号」と「その前の号」のみとなります。ご了承ください。

雑誌から生まれた本

波とは?

1967(昭和42)年1月、わずか24頁、定価10円の季刊誌として「波」は誕生しました。新潮社の毎月の単行本の刊行数が10冊に満たず、新潮文庫の刊行も5冊前後といった時代でした。この後、1969年に隔月刊に、1972年3月号からは、毎月刊行の月刊誌となりました。現在も続く「表紙の筆蹟」は、第5号にあたる1968年春季号の川端康成氏の書「風雨」からスタートしました。

 創刊号の目次を見てみると、巻頭がインタビュー「作家の秘密」で、新作『白きたおやかな峰』を刊行した北杜夫氏。そして福田恆存氏のエッセイ。続く「最近の一冊」では、小林秀雄、福原麟太郎、円地文子、野間宏、中島河太郎、吉田秀和、原卓也といった顔触れが執筆しています。次は大江健三郎氏のエッセイ。続いて「ブックガイド」欄では、江藤淳氏がカポーティの『冷血』を、小松伸六氏が有吉佐和子氏の『華岡青洲の妻』を論評しています。

 以来41年、2007(平成19)年6月号で通巻450号を迎えました。読書情報誌としての重要な役割の情報発信はもちろんのことですが、「波」連載からは数々のベストセラーが誕生しています。小川国夫『青銅時代』、三浦哲郎『木馬の騎手』、山口瞳『居酒屋兆治』、藤沢周平『本所しぐれ町物語』、井上ひさし『私家版 日本語文法』、遠藤周作『イエスの生涯』(「聖書物語」を改題)、小林信彦『ちはやふる奥の細道』『おかしな男 渥美清』、阿川弘之『食味風々録』、櫻井よしこ『何があっても大丈夫』などなど。

 2007年1月号からはレイアウトもリニューアル、頁数も増え128頁となりました。これからも、ひとところにとどまらず、新しい試みで、読書界・文学界の最新の「波」を読者の方々にご紹介していきたいと思っています。