ホーム > 書籍詳細:遊廓

遊廓

渡辺豪/著

2,200円(税込)

発売日:2020/06/29

書誌情報

読み仮名 ユウカク
シリーズ名 とんぼの本
装幀 渡辺豪/撮影、中村香織/ブックデザイン、nakaban/シンボルマーク
発行形態 書籍、電子書籍
判型 B5判変型
頁数 143ページ
ISBN 978-4-10-602294-4
C-CODE 0372
定価 2,200円
電子書籍 価格 2,200円
電子書籍 配信開始日 2020/06/29

北海道から沖縄まで、消えゆく娼街、娼家140景。

遊廓に魅せられた著者が、10年にわたって渾身取材撮影した全国の遊廓跡・赤線跡およそ500箇所から厳選収載。消滅間際の、あるいはすでに消えてしまった姿を克明に伝える空前絶後の写真集にして、日本の「影」の近代遺産を記録する貴重な資料。独特の建築様式やモザイクタイル、窓飾りの細やかな意匠が見どころ。

目次
はしがき――記憶と記録のはざま
華は細部に宿る
モザイクタイル
窓の意匠
遊廓小史――日本の近代化がもたらしたもの
おくがき――なぜ美しいのか
掲載写真リスト
掲載写真日本地図分布リスト
遊廓その後――旧娼家旅館の煌めき

著者プロフィール

渡辺豪

ワタナベ・ゴウ

1977年、福島県生まれ。全国に残る遊廓跡・赤線跡およそ500箇所を撮影取材。2015年、遊廓専門の出版社「カストリ出版」を創業、主に貴重書の復刻を行う。翌2016年、吉原遊廓跡に遊廓専門の書店「カストリ書房」を開店。『遊廓』に収録した写真はすべてシグマ社製カメラを用い、多くはDP1 Merrillで撮影。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

渡辺豪
登録

書籍の分類