ホーム > 書籍詳細:武蔵野夫人

武蔵野夫人

大岡昇平/著

572円(税込)

発売日:1953/06/05

書誌情報

読み仮名 ムサシノフジン
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-106502-1
C-CODE 0193
整理番号 お-6-2
ジャンル 文芸作品
定価 572円
電子書籍 価格 572円
電子書籍 配信開始日 2014/04/04

不倫小説の極致。昼ドラ顔負けドロドロ夫婦劇! 叫びたくなる、衝撃のラスト。

貞淑で、古風で、武蔵野の精のようなやさしい魂を持った人妻道子と、ビルマから復員してきた従弟の勉との間に芽生えた悲劇的な愛。――欅や樫の樹の多い静かなたたずまいの武蔵野を舞台に、姦通・虚栄・欲望などをめぐる錯綜した心理模様を描く。スタンダールやラディゲなどに学んだフランス心理小説の手法を、日本の文学風土のなかで試みた、著者の初期代表作のひとつである。

目次
第一章 「はけ」の人々
第二章 復員者
第三章 姦通の条件
第四章 恋ヶ窪
第五章 蝶の飛翔について
第六章 真夏の夜の夢
第七章 湖の涯
第八章 狭山
第九章 別離
第十章 夫の権利
第十一章 カメラの真実
第十二章 離婚の理由
第十三章 秋
第十四章 心
解説 神西 清

著者プロフィール

大岡昇平

オオオカ・ショウヘイ

(1909-1988)東京生れ。京都帝大仏文科卒。帝国酸素、川崎重工業などに勤務。1944(昭和19)年、召集されてフィリピンのミンドロ島に赴くが、翌年米軍の俘虜となり、レイテ島収容所に送られる。1949年、戦場の経験を書いた『俘虜記』で第1回横光利一賞を受け、これが文学的出発となる。小説家としての活動は多岐にわたり、代表作に『武蔵野夫人』『野火』(読売文学賞)『花影』『レイテ戦記』(毎日芸術大賞)などがある。1971年、芸術院会員に選ばれたが辞退。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

大岡昇平
登録
文芸作品
登録

書籍の分類