ホーム > News Headlines > 北小路隆志×小竹由美子 「小説と映画の幸福な邂逅」

イベント/書店情報終了しました

北小路隆志×小竹由美子 「小説と映画の幸福な邂逅」

ペドロ・アルモドバル監督最新作『ジュリエッタ』公開&原作小説アリス・マンロー『ジュリエット』刊行記念

北小路隆志×小竹由美子 「小説と映画の幸福な邂逅」

スペインを代表する映画監督ペドロ・アルモドバルの最新作『ジュリエッタ』が11月5日(土)より新宿ピカデリーほかで全国公開されます。本作は、12年間音信不通となっていた娘の消息を聞いた母ジュリエッタが、封印していた過去と向き合い、伝えられなかった娘への想いを手紙に綴るという形で回想されていく、ひと組の母娘の物語です。アルモドバルが“女性賛歌3部作”と呼ばれる自身の代表作『オール・アバウト・マイ・マザー』『トーク・トゥ・ハー』『ボルベール〈帰郷〉』にも通じるテーマを追求し、魔術的なまでに深みを湛えた語り口で観る者を虜にする傑作です。

母と娘の関係や隠されていた過去をめぐるテーマ性、スクリーンを彩る鮮烈な赤、アルベルト・イグレシアスのエモーショナルな音楽など、どこをとってもアルモドバルらしい作品である本作は、実は、カナダ人のノーベル賞作家アリス・マンローの連作短篇集『ジュリエット』(原題:Runaway)が原作になっています。収録作の中で同一主人公でありながら独立した短篇「チャンス」「すぐに」「沈黙」の3編を、舞台をカナダからスペインへと移し、アルモドバル自身がひと続きの物語として脚本化しました。

この度の映画『ジュリエッタ』の公開と小説『ジュリエット』(新潮クレスト・ブックス)の刊行を記念して、映画評論家の北小路隆志さんと翻訳家の小竹由美子さんを招き、アルモドバルの映画の魅力を分析するとともに、アリス・マンローの小説世界を紹介するトークイベントを開催します。小説と映画の幸福な邂逅を解読する贅沢な一夜にぜひご期待ください。

開催日時 2016年11月5日(土) 19:00〜21:00(18:30開場)
会場 本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F
URL 詳細はこちらをご覧ください。
備考 ■入場料:1,500円 + 1 drink order

関連リンク

著者紹介

小竹由美子コタケ・ユミコ

1954年、東京生まれ。早稲田大学法学部卒。訳書にアリス・マンロー『イラクサ』『ディア・ライフ』『ピアノ・レッスン』、ネイサン・イングランダー『アンネ・フランクについて語るときに僕たちの語ること』、ジュリー・オオツカ『屋根裏の仏さま』(共訳)、ウェイク・ワン『ケミストリー』ジョン・アーヴィング『神秘大通り』ほか多数。

書籍紹介