文学賞

第7回 新潮ミステリー大賞 贈賞式

 2021年1月27日、第7回新潮ミステリー大賞(選考委員:伊坂幸太郎貴志祐介道尾秀介の三氏、主催:株式会社新潮社、後援:東映株式会社)の贈賞式が行なわれました。『擬傷の鳥はつかまらない』(応募時タイトル「私たちの擬傷」)で大賞を受賞した荻堂顕(おぎどう・あきら)さんは、20歳のとき偶然テレビで見た、ノーベル賞作家カズオ・イシグロの「記憶は喪失に対する部分的な勝利である」という言葉をきっかけに小説を書き始め、42万字をこえる作品が完成、それを第2回新潮ミステリー大賞に応募されてから、6年目での栄冠となりました。リモートでの出席となった三人の選考委員からも、荻堂さんには、温かいエールが贈られました。
 日本推理サスペンス大賞、新潮ミステリー倶楽部賞、ホラーサスペンス大賞の遺伝子を受け継ぐ新たなる文学賞としてスタートした本賞は、全応募作213篇の中から選ばれた最終候補作5篇を対象に、東映での映像化が検討されます。

関連リンク

著者紹介

荻堂顕オギドウ・アキラ

1994年3月25日生まれ。東京都世田谷区成城出身。早稲田大学文化構想学部卒業後、様々な職業を経験する傍ら執筆活動を続ける。2021年1月現在は格闘技ジム勤務。2020年、『擬傷の鳥はつかまらない』で第7回新潮ミステリー大賞受賞。

書籍紹介