ホーム > News Headlines > バリー・ユアグロー著/柴田元幸訳『東京ゴースト・シティ』刊行記念イベント

イベント/書店情報終了しました

バリー・ユアグロー×柴田元幸×川上弘美
「陽気な幽霊たちがいる町で」

バリー・ユアグロー著/柴田元幸訳『東京ゴースト・シティ』刊行記念イベント

日本でも25年以上読み継がれているロングセラー『一人の男が飛行機から飛び降りる』をはじめ、シュールで悪夢のようでしかも笑える超短篇で知られるバリー・ユアグローさん。
日本文化に深い愛情を抱くユアグローさんの新作『東京ゴースト・シティ』は、五輪とコロナに揺れる大都市で、太宰治、三島由紀夫、植木等、黒澤明(さらには北野武や大谷翔平も!?)たちの陽気で騒がしい幽霊が飛び跳ねる、東京への偏愛に満ちあふれた連作奇譚集です。
本作の刊行記念イベントには、スペシャルゲストで川上弘美さんがご登壇! 小説『このあたりの人たち』に魅せられたユアグローさんのたっての願いで、川上さんには『東京ゴースト・シティ』に推薦文を寄せていただきました。 長年ユアグロー文学を翻訳してきた盟友の柴田元幸さんも交え、NY―東京を結んでの 超豪華オンライン・イベントが実現します!
また、ユアグローさん、柴田さんによる『東京ゴースト・シティ』原文と翻訳の朗読、川上さんによる最新エッセイ(ユアグローさんも登場します)の朗読もあり!
2021年を締めくくるにふさわしい貴重なイベントに、ぜひご参加ください!

開催日時 2021年12月21日(火)19:30~20:45(19:15受付開始)
会場 新潮社 オンラインイベント
問い合わせ先 新潮社出版部
E-mail:shincho.event@gmail.com
URL 詳細はこちらをご覧ください
備考 〈チケット情報〉
(1)イベント参加+アーカイブ配信チケット/1,500円
(2)【神楽坂ブック倶楽部会員限定】イベント参加+アーカイブ配信チケット/1,300円

*こちらのイベントはZoomのウェビナー機能を使ってのライブ配信になります。ご参加いただくには、インターネットに接続したパソコンやタブレット端末、スマートフォンが必要になります。Zoomによるオンライン配信については、上記URLのページから「こちらの注意事項」を必ずお読みください。

著者紹介

バリー・ユアグローYourgrau,Barry

南アフリカ生まれ、10歳のときアメリカへ移住した。『一人の男が飛行機から飛び降りる』『たちの悪い話』『ケータイ・ストーリーズ』(いずれも柴田元幸訳、新潮社刊)など、詩的で白日夢のごとき超短篇で知られる。2021年9月現在はニューヨーク市クイーンズ区ジャクソン・ハイツ在住。当地での苛烈なコロナ禍の体験が、前作『ボッティチェリ 疫病の時代の寓話』(2020年、柴田訳でignition gallery刊)および『東京ゴースト・シティ』に活かされている。

柴田元幸シバタ・モトユキ

東京生まれ。米文学者・東京大学名誉教授・翻訳家。『生半可な學者』で講談社エッセイ賞、『アメリカン・ナルシス』でサントリー学芸賞、『メイスン&ディクスン』(トマス・ピンチョン著)で日本翻訳文化賞、翻訳の業績により早稲田大学坪内逍遙大賞を受賞。アメリカ現代文学を精力的に翻訳するほか著書多数、また文芸誌「MONKEY」の責任編集も務める。

川上弘美カワカミ・ヒロミ

1958年東京生まれ。1994年「神様」で第一回パスカル短篇文学新人賞を受賞。1996年「蛇を踏む」で芥川賞、1999年『神様』でドゥマゴ文学賞、紫式部文学賞、2000年『溺レる』で伊藤整文学賞、女流文学賞、2001年『センセイの鞄』で谷崎潤一郎賞、2007年『真鶴』で芸術選奨文部科学大臣賞、2015年『水声』で読売文学賞、2016年『大きな鳥にさらわれないよう』で泉鏡花文学賞を受賞した。

書籍紹介