ホーム > 書籍詳細:「私」を受け容れて生きる―父と母の娘―

「私」を受け容れて生きる―父と母の娘―

末盛千枝子/著

825円(税込)

発売日:2021/08/01

書誌情報

読み仮名 ワタシヲウケイレテイキルチチトハハノムスメ
装幀 安野光雅/カバー
雑誌から生まれた本 から生まれた本
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-103071-5
C-CODE 0195
整理番号 す-30-1
ジャンル 文学・評論
定価 825円
電子書籍 価格 825円
電子書籍 配信開始日 2021/07/28

それでも、人生は生きるに値する――。万感の思いがこみあげる自伝エッセイ。

それでも、人生は生きるに値する。彫刻家・舟越保武の長女に生まれ、高村光太郎に「千枝子」と名付けられる。大学を卒業後、絵本の編集者となり、皇后美智子様の講演録『橋をかける』を出版。だが、華々しい成功の陰には、幾多の悲しみがあった。夫の突然死、息子の難病と障害、そして移住した岩手での震災……。どんな困難に遭っても、運命から逃げずに歩み続ける、強くしなやかな自伝エッセイ。

目次
人生は生きるに値する――まえがきにかえて
千枝子という名前
卒業五十年
父の葉書
母、その師その友、そして家族
IBBYと私
私たちの幸せ――皇后美智子様のこと
最初の夫、末盛憲彦のこと
絵本のこと、ブックフェアのこと
再婚しないはずだったのに
逝きし君ら
出会いの痕跡
文庫版あとがき
解説 山根基世

著者プロフィール

末盛千枝子

スエモリ・チエコ

1941(昭和16)年、東京生れ。慶應義塾大学文学部卒。至光社、G.C.PRESSで編集者として勤務。1986年『あさ One morning』でボローニャ国際児童図書展グランプリを受賞、ニューヨーク・タイムズ年間最優秀絵本にも選ばれた。1988年、すえもりブックスを立ち上げ独立。まど・みちおの詩を美智子様が選・英訳された『どうぶつたち THE ANIMALS』や、美智子様の講演録『橋をかける 子供時代の読書の思い出』などを手がける。2010(平成22)年から岩手県八幡平市に移住。2011年から10年間、被災地の子どもたちに絵本を届ける「3.11絵本プロジェクトいわて」の代表を務めた。

判型違い(単行本)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

末盛千枝子
登録

書籍の分類