ホーム > 書籍詳細:一晩置いたカレーはなぜおいしいのか―食材と料理のサイエンス―

一晩置いたカレーはなぜおいしいのか―食材と料理のサイエンス―

稲垣栄洋/著

605円(税込)

発売日:2022/02/01

書誌情報

読み仮名 ヒトバンオイタカレーハナゼオイシイノカショクザイトリョウリノサイエンス
装幀 神田ゆみこ/カバー装画、新潮装幀室/デザイン
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-103741-7
C-CODE 0145
整理番号 い-143-1
ジャンル 文学・評論
定価 605円
電子書籍 価格 605円
電子書籍 配信開始日 2022/01/28

カレーも寿司もお好み焼きも――料理と食材に隠された「おいしさの科学」をご賞味あれ。

一晩置いたカレーはなぜおいしいのか? 子どもたちはどうしてピーマンが嫌いなのか? ワサビがツーンとする理由は? 味、食感、香り、栄養素……すべての謎を解くカギは、食材が生きていたときの姿にあった! 数々のベストセラーを送り出してきた研究者の鋭い考察と、料理や食事が楽しくなる「おいしさの秘密」をご賞味あれ。ジャガイモを煮崩れさせない方法など調理の裏ワザも多数紹介。

目次
はじめに
どうして野菜を食べないといけないのか 野菜サラダの科学
どうしてレタスを包丁で切ってはいけないのか
サラダを彩る赤い野菜の秘密
人間はなぜ野菜を食べないといけないのか
どうして人間に食物繊維が必要なのか
葉菜類がどれもよく似た形をしている理由
緑色になったジャガイモを食べてはいけないのはなぜ?
一晩置いたカレーはなぜおいしいのか カレーライスの科学
どうしてみんなカレーライスが好きなのか
かつてニンジンは紫色だった
一晩置いたカレーはなぜおいしいのか
タマネギを炒めると甘くなるのはなぜ?
精がつくニンニクパワーの秘密
カレーライスには何の肉を入れる?
福神漬けの謎の食材の正体は?
「ごはんにみそ汁」はなぜ合うのか 朝ごはんの科学
米はどうして白い?
米と大豆は相思相愛?
納豆はなぜネバネバするのか
黄+紫=赤? 梅干しの色の謎
ピーマンの苦みをなくす方法とは チャーハンの科学
どうして子どもたちはピーマンが嫌いなのか
「グリーンピース」ってどんな意味?
ハムとソーセージはどこが違うのか
パラパラチャーハンの作り方
「もやしっこ」は強かった! お好み焼きの科学
関西風と広島風はどうして味が違う?
紅しょうがはなぜ赤い?
「もやしっこ」と呼ばないで
小麦粉はこねるとなぜ固まるのか
ヤマイモはなぜ消化にいいのか
アオノリとはどんな植物なのか
救荒食からグルメメニューへ そばの科学
関東のそば、関西のうどん
そば湯はどうして体にいいのか
ネギの葉の表はどっち?
ダイコンおろしはなぜ辛い?
似て非なるダイコンとニンジン
ワサビがツーンとする理由
海苔はどうして黒いのか
お寿司を守る植物たち お寿司の科学
どうしてハランを入れるのか
白身魚はなぜさっぱりしているのか
エビはどうして赤くなる?
どうしてたっぷりのお茶を飲むのか
果物の不思議な秘密 フルーツパフェの科学
メロンの網目模様はどうやってできるのか
バナナの種子はどこにある?
フルーツパフェの「野菜」たち
サクランボの種の秘密
天の川と牛乳の意外な共通点 ショートケーキの科学
イチゴのつぶつぶの正体は?
牛乳はなぜ白い?
スポンジケーキはなぜやわらかい?
コーヒーでリラックス
おわりに
25歳女子が考える「一晩置いたカレーがなぜおいしいのか」
印度カリー子

著者プロフィール

稲垣栄洋

イナガキ・ヒデヒロ

1968(昭和43)年、静岡県生れ。静岡大学大学院教授。農学博士。専門は雑草生態学。岡山大学大学院農学研究科修了後、農林水産省に入省、静岡県農林技術研究所上席研究員などを経て現職に。主な著書に『身近な雑草の愉快な生きかた』『身近な野菜のなるほど観察録』『身近な虫たちの華麗な生きかた』『生き物の死にざま』『生き物が大人になるまで』『手を眺めると、生命の不思議が見えてくる』などがある。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

稲垣栄洋
登録

書籍の分類