ホーム > 書籍詳細:チュベローズで待ってる AGE32

チュベローズで待ってる AGE32

加藤シゲアキ/著

737円(税込)

発売日:2022/06/27

書誌情報

読み仮名 チュベローズデマッテルエイジサンジュウニ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-104022-6
C-CODE 0193
整理番号 か-93-2
ジャンル 文学・評論
定価 737円

32歳、愛する人はなぜ死を選んだのか。驚愕とカタルシスに溺れる極上のミステリ、完結編。

気鋭のゲームクリエーターになった32歳の光太。自社のゲームが不祥事に見舞われるが、チュベローズ時代の仲間たちの助けを借りて、事態は会社を罠に嵌めようとする組織の裏工作だと突き止める。上司の八千草とともに収拾に奔走する一方、光太は美津子の甥であるユースケとともに、彼女をめぐる真相に向き合うことになる――。衝撃とカタルシスに溺れるジェットコースター・ミステリ、完結編。

加藤シゲアキ・コメント

『チュベローズで待ってる』の文庫化を待っていた方々。五年の時を経て、ついにその時が来ました。 このタイミングで改めて読み直しましたが、我ながら「なにこの展開!! とんでもない!!!!」とつい何度も声を出してしまいました。本作はそれほど自著のなかで最も突飛でアクロバティックな、行き先の分からない小説です。
この度、読者の方々にさらに楽しんでいただけるよう多くの点を改稿しました。初めての方はもとより、一度読んだ方でも喜んでもらえるように調えましたので、これを機にぜひ手に取って頂ければ幸いです。

著者プロフィール

加藤シゲアキ

カトウ・シゲアキ

1987年生まれ、大阪府出身。青山学院大学法学部卒。NEWS のメンバーとして活動しながら、2012年1月に『ピンクとグレー』で作家デビュー。以降『閃光スクランブル』、『Burn.-バーン-』、『傘をもたない蟻たちは』、『チュベローズで待ってる(AGE22・AGE32)』 とヒット作を生み出し続け、2020年3月には初のエッセイ集『できることならスティードで』を刊行。アイドルと作家の両立が話題を呼んでいる。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

加藤シゲアキ
登録

書籍の分類