ホーム > 書籍詳細:樅ノ木は残った〔中〕

誰が敵で、誰が味方だ? 日本三大騒動の一つ、伊達騒動で暗躍した原田甲斐の真実。

  • テレビ化ドラマスペシャル『樅ノ木は残った』(2010年2月放映)

樅ノ木は残った〔中〕

山本周五郎/著

680円(税込)

本の仕様

発売日:2018/10/01

読み仮名 モミノキハノコッタ02
シリーズ名 新潮文庫
装幀 澁澤卿/カバー装画、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-113465-9
C-CODE 0193
整理番号 や-3-2
ジャンル 文学賞受賞作家
定価 680円
電子書籍 価格 648円
電子書籍 配信開始日 2012/06/01

仙台藩六十二万石を寸断――。酒井雅楽頭と伊達兵部とで交された密約が明らかになった。嫡子を藩主の座に据えることに血眼になる兵部だが、藩の取潰しを目論む幕府にとってはその駒に過ぎない。罠に気付いた原田甲斐はあえて兵部に取り入り、内部から非謀を破却。風前の灯となった伊達家の安泰のため、ひたすら忍従を装う。

著者プロフィール

山本周五郎 ヤマモト・シュウゴロウ

(1903-1967)山梨県に生まれる。本名は清水三十六(さとむ)。小学校卒業後、銀座の質屋で奉公、後に筆名としてその名を借りることになる店主・山本周五郎の庇護のもと、同人誌などに小説を書き始める。1926年、「文藝春秋」に『須磨寺附近』を発表、文壇デビューを果たした。その後15年近く不遇の時代が続くが、やがて時代小説の分野で認められはじめる。『日本婦道記』(1942-1946)で直木賞に推されるがこれを辞退、生涯で一個の賞も受けることはなかった。『樅ノ木は残った』(1958)、『赤ひげ診療譚』(1958)、『おさん』(1961)など次々と名作を発表し、人間に対する深い愛と洞察力で多くの読者の支持を得た。中でも『青べか物語』(1960)は著者畢生の名作として名高い。

関連書籍

判型違い(書籍)

感想を送る

新刊お知らせメール

山本周五郎
登録する
文学賞受賞作家
登録する

書籍の分類

この分類の本

樅ノ木は残った〔中〕

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto

樅ノ木は残った〔中〕

以下のネット書店よりご購入ください。

※ 詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

電子書店

Shincho Live!