ホーム > 書籍詳細:采女の怨霊―小余綾俊輔の不在講義―

采女の怨霊―小余綾俊輔の不在講義―

高田崇史/著

693円(税込)

発売日:2024/07/29

  • 文庫
  • 電子書籍あり

藤原氏が怖れた〈大怨霊〉の正体とは。奈良・猿沢池の畔の謎めいた神社に封印された深すぎる闇。古代史ミステリー。

奈良・猿沢池の畔に鎮座する「采女神社」は池に背を向け、平素は固く門を閉ざしている。昔、入水した采女の霊を慰める祭では、門が開かれるというのだが……。そもそも、なぜ下級女官の鎮魂が連綿と続いているのか。春日大社から壬申の乱、皇位継承の闇、平城京の怨霊封じに続く謎。民俗学者、小余綾俊輔の推理が、隠された古代史を解き明かす。鍵を握る采女とは何者か。歴史真相ミステリー。 

書誌情報

読み仮名 ウネメノオンリョウコユルギシュンスケノフザイコウギ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
頁数 304ページ
ISBN 978-4-10-120075-0
C-CODE 0193
整理番号 た-117-5
ジャンル 文学・評論
定価 693円
電子書籍 価格 693円
電子書籍 配信開始日 2024/07/29

著者プロフィール

高田崇史

タカダ・タカフミ

1958年東京生まれ。明治薬科大卒。1998年『QED 百人一首の呪』でメフィスト賞を受賞し、作家デビュー。QEDシリーズ、毒草師シリーズ、カンナシリーズなど著書多数。古代から近現代まで、該博な知識に裏付けられた歴史ミステリーを得意分野とする。近著に『卑弥呼の葬祭』、『源平の怨霊』、『采女の怨霊』、『QED 神鹿の棺』、『古事記異聞 陽昇る国、伊勢』、『江ノ島奇譚』などがある。

高田崇史Official Web Site ―club TAKATAKAT― (外部リンク)

高田崇史@club-TAKATAKAT (外部リンク)

高田崇史Club takatakat (外部リンク)

判型違い(単行本)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

高田崇史
登録

書籍の分類