ホーム > 書籍詳細:一瞬の夏〔下〕

一瞬の夏〔下〕

沢木耕太郎/著

781円(税込)

発売日:1984/05/29

書誌情報

読み仮名 イッシュンノナツ2
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-123503-5
C-CODE 0195
整理番号 さ-7-3
ジャンル 文学・評論、ノンフィクション
定価 781円
電子書籍 価格 737円
電子書籍 配信開始日 2013/06/01

新装版! 再起戦から宿敵との東洋タイトル戦へ。光芒の痛みが胸を打つ「私NF(ノンフィクション)」の到達点。

偶然によって出会ったいくつかの情熱が、一つの目的に向かって疾走する。東洋タイトル戦の実現に奔走する“私”。だが、生活のためにはトレーニングを犠牲にしなければならないボクサー、対立する老トレーナー。絶望と亀裂を乗り越えて、最後に彼らの見たものは……。一つの夢をともにした男たちの情熱と苦闘のドラマを“私ノンフィクション”の手法で描く第一回新田次郎文学賞受賞作。

  • 受賞
    第1回 新田次郎文学賞
目次
第七章 回転扉
第八章 契約
第九章 ソウルの雪
第十章 夢から夢へ
第十一章 亀裂
第十二章 激しい雨
 リア
解説 柳田邦男

作家自作を語る

【収録時期】1981(昭和56)年7月

著者プロフィール

沢木耕太郎

サワキ・コウタロウ

1947年東京生れ。横浜国立大学経済学部卒業。ほどなくルポライターとして出発し、鮮烈な感性と斬新な文体で注目を集める。1979年『テロルの決算』で大宅壮一ノンフィクション賞、1982年に『一瞬の夏』で新田次郎文学賞。その後も『深夜特急』や『檀』など今も読み継がれる名作を次々に発表し、2006年『凍』で講談社ノンフィクション賞を、2014年に『キャパの十字架』で司馬遼太郎賞を受賞している。近年は長編小説『波の音が消えるまで』『春に散る』を刊行。その他にも『旅する力』『あなたがいる場所』『流星ひとつ』「沢木耕太郎ノンフィクション」シリーズ(全九巻)などがある。2018年『銀河を渡る 全エッセイ』『作家との遭遇 全作家論』、2020年初めての国内旅エッセイ集『旅のつばくろ』、全四巻となる「沢木耕太郎セッションズ〈訊いて、聴く〉」を刊行。最新刊は2022年6月、『飛び立つ季節―旅のつばくろ―』。

関連書籍

判型違い

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

沢木耕太郎
登録

書籍の分類