ホーム > 書籍詳細:もたない男

もたない男

中崎タツヤ/著

605円(税込)

発売日:2015/06/01

書誌情報

読み仮名 モタナイオトコ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-126871-2
C-CODE 0195
整理番号 な-91-1
ジャンル エッセー・随筆、コミック
定価 605円

世界一笑える断捨離! 連載26年、人気漫画『じみへん』作者の究極すぎる生活とは。

命と金と妻以外、なんでも捨てる! 人気漫画『じみへん』作者は究極の断捨離オトコだった――。空き部屋のような仕事場、妻を説き伏せ捨てたソファ、燃やしたらスッキリした大量の漫画原稿。憧れは、マザー・テレサのようにシンプルな生き方。けれど物欲も人一倍強く、好みの茶碗を求めて地方まで出かけたり……。極端すぎる捨て方に笑いが止まらない、異才の漫画家が放つエッセイ集。

目次
第一章――なぜもたないのか?
もたない漫画家
もたないと仕事に集中できる
必要なものだけもつ
まだ捨てられる
仕事道具もシンプル
携帯電話はもち歩かない
資料を捨てる
パソコンを捨てる
引っ越しがラク
捨てなきゃよかったもの
ものを捨てても記憶は残る
シンプルが好き
バリカン
食べ物は捨てられない
取扱説明書について
実は物欲が強い
新しいものにすぐ飽きる
CDが揃わない
オートバイ
車検が通らない
科目別ノートの思い出
第二章――なぜ捨てるのか?
なぜ捨てたいのか?
スッキリ病
捨てる欲望
静かな仕事場
愛読書
万引きに間違えられる
妻を口説く
かみさん
カーテン
本棚
便利すぎてはつまらない
お遍路に出る
きっかけはショーケン
お遍路で捨てる
パンツは二枚
観光客に見物された
「奥の細道」へ
尻の痛み
第三章――もたない生活
ファッション
服は消耗品
食事
油ものが好き
ストレス発散法
お金はものである
あまり銀行に行かない
国民年金
老後
第四章――もたない人生
漫画の描き方
アシダカグモ
漫画家になる
何度もやめようと思った
オーストラリアに移住
五〇歳を過ぎて
漁師になりたい
母からの手紙
捨てなかった頃
父親の死
かみさんへの依存
土地
強迫観念
ゴミ屋敷
第五章――捨てられないもの
原稿を燃やす
シュレッダー
寄贈本
アルトサックス
所有する不安
もたない定義
もったいない
対談 中崎タツヤは「○○な男」である。
  (やましたひでこ×南伸坊)

著者プロフィール

中崎タツヤ

ナカザキ・タツヤ

1955(昭和30)年、愛媛県生れ。1978年、「無題」で漫画家デビュー。1992(平成4)年、『問題サラリーMAN』で文藝春秋漫画賞受賞。1989年、「ビッグコミックスピリッツ」で『じみへん』の連載を開始、現在も続いている。そのほかの作品に『身から出た鯖』『男の生活』『中崎タツヤ作品集』、『「大丈夫かい山田さん!」』(共著)など。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

中崎タツヤ
登録
エッセー・随筆
登録
コミック
登録

書籍の分類