ホーム > 書籍詳細:「話が通じない」の正体―共感障害という謎―

「話が通じない」の正体―共感障害という謎―

黒川伊保子/著

572円(税込)

発売日:2022/03/01

書誌情報

読み仮名 ハナシガツウジナイノショウタイキョウカンショウガイトイウナゾ
装幀 大塚砂織/カバー装画、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-127956-5
C-CODE 0195
整理番号 く-29-6
ジャンル 文学・評論
定価 572円
電子書籍 価格 572円
電子書籍 配信開始日 2022/02/28

上司はわかってくれない。部下はわかろうとしない――。全て「共感障害」が原因だった!

上司はわかってくれない。部下は話が通じない。夫とは一緒にいるだけでイラつくし、二人でいるのに孤独……。これらはすべて「共感障害」が原因だ。脳の認識が違うため、他人の「普通」が理解できず、結果周囲から誤解され軋轢を生んでしまう人たちが存在するのだ。このような共感障害者と柔らかな人間関係を築くためにすべきこととは。脳科学から解き明かす驚きの真相。『共感障害』改題。

目次
はじめに――一緒にいるだけでイラつく、二人でいるのに孤独
序章 「共感障害」という気づき
第一章 脳が違えば、見ているものが違う
よくある認識ギャップ
よくある認識ギャップ、対話篇
「普通」がわからない
男たちの気持ちがわかる理由
「普通」を知る
大阪のいじり
京都のはんなり
江戸っ子のすかし
SNSという共通語
ツイッターだと炎上する?
地域差よりもSNS差
人が自分と同じ感覚だと思い込む危険
脳は、世界のすべてを見てはいない
女は男の遺伝子に惚れる
男力を見抜く汎用の認識フレームもある
美男美女の災難
体臭も重要である
カクテルパーティ効果
「世界」は、脳が作っている
人生の「主賓」
わかってもらえないのは、認識フレームが違うから
後ろ向きじゃないのに!
認識フレームが違えば、正義が違う
キャッチフレーズをつけよう
人生の黄金の扉
時代が違えば、人の気持ちも違う
尖った時代、べた甘な時代
大衆全体の認識フレームには周期がある
若者が傷つきやすい時代
人生は認識フレームで出来ている
左利きのお尻には“くぼ地”がある?
脳と利き手
逆手使いのアドバンテージ
ものが消える
探していた1ピース
勝ち負けって、なんだろう
それでも、男女は違っている
男女間の「あれ」は通じない
マイノリティの居場所を作る
みんな何かのマイノリティ
第二章 古典的な共感障害――「天才」と「モラハラ」の共感障害
認識フレームの欠如が個性を作る
脳の理想の使い方
天才脳、「時代の寵児」脳
典型フレーム優先か、独自フレーム優先か
自閉症という名称の弊害
自閉症を経済力に変えるアメリカ
障害としての自閉症
感じすぎる脳は、かえって「世界」がわからない
ことば獲得のメカニズム
ことばの始まり
ミラーニューロンが「ことば」と「世界」を創る
「存在」をうまく認知できない自閉症児の脳
愛が足りない?
愛では解決できない
早期療育だけは特別
増え続けている発達障害
ESDMを脳科学で考える
「ぎりぎりセーフ」のほうが深刻
「判定」されない共感障害
自閉症スペクトラム
社交的な共感障害者もいる
私が自閉症?
葉を見て、森を見ず
思い返せば問題児
自閉症なのに、コミュニケーションの専門家
見れば、踊れる
自閉症児はミラーニューロンの過活性だった!
記憶の「静止画」、シャッターアイ
素数の匂い?
ADHDは自閉症の対極
ADHDの素敵な個性
脳内ホルモンが、脳を動かす
ジェットコースターも怖くない
個性か、成績か
エリートを目指さなければいい
「世間をなめているように見える」を自覚する
共感しないという“攻撃”
第三章 進化型共感障害――うなずかない若者たち
共感障害は、社会のありようによって発現する
第三の共感障害
時代が創り出した「進化型共感障害」
1997年、時代の断層
心が通じ合う親子になる秘訣
とはいえ、母はいつでもやり直せる
うなずかない、心が通じない、気が利かない
不活性同士は、それなりにうまく行く
職場の死語
自分が進化型だと思ったら
気持ちにだけ感謝する
社会の大パラダイムシフト
挨拶のタイミング
上司に声をかけるタイミング
上司が残業してて帰れない
うなずくこと、メモすること
カサンドラを疑え
やる気のない部下が、かわいい部下に化ける
割り算ができない?
人類を進化させよう
おわりに
解説 尾木直樹

書評

「認識の違い」が分かれば前進できる

尾木直樹

 この本は、まるで僕の大好きなちらしずし。テーマである「共感障害」を主軸に、認識の違い、発達障害、自閉症、子育てなど脳科学に関連する重要なトピックが彩り豊かに論じられています。
 本書によると「共感障害」とは、一種の脳の認識のトラブル。このトラブルがある人は、挨拶を返さなかったり、適切なタイミングでうなずかなかったり、目を合わさなかったり、つまり「当たり前」とされることをしない。なぜそうなるかというと、自分が置かれた状況を脳が認識できていないから。そのため、「暗黙のうちに学ぶ」ということができません。こういう人がいると、当然周りは困ります。でも、彼らを「気が利かない」「やる気がない」「性格が悪い」と決めつけるのではなく、その認識のしかたの違いを理解して彼らにも分かるように行動すれば、お互いが楽になるというのです。
 本書には、こういう人が職場や家庭にいて困っている人へのアドバイスだけでなく、自分が「共感障害」だと感じる人への具体的アドバイスも書かれています。三章構成で、「第一章 脳が違えば、見ているものが違う」は、「第二章 共感障害とは何か」「第三章 共感障害と生きる」へ至る前の「基礎知識篇」という位置づけ。でも、この第一章に「脳の認識」について、とても重要なことが書かれています。黒川さんのご専門ともいえる「男女の違い」もありますが、「江戸っ子のすかし」「京都のはんなり」「大阪のいじり」といった地域別の認識の違いのエピソードが「認識のしかたの違い」を理解するのに絶妙の例。全国各地を講演で廻った経験から、僕にも思い当たることがたくさんありました。今もテレビ番組の仕事のために、毎月一回大阪に通っているのですが、同じ関西の滋賀県出身の僕でも、いまだに大阪に行くたびにマナーの違いに驚かされていますから。
 この認識のしかたの違いは、異なる宗教観による正義の違いなど、国際政治や外交でも当然生じることでしょうから、重要なテーマです。意見や行動の相違が「認識のしかたの違い」によるものとわかれば、そこから議論を重ねて本当の意味で理解し合えるのではないでしょうか。それが「絆」と声高に言うような表面的なつながりではなく、深いつながりを生むことになると思います。
 さて、「共感障害」ですが、教育の現場では1990年代後半から、小学校の先生が「当たり前のこと」ができない児童について話題にし始めました。ある先生によると、クラス全員に「みんな、わかった?」と呼びかけても、何人もの子が知らん顔する。「鈴木くん」「山田くん」と名指ししたり、「六班の五人」と特定して呼びかけたりしないと応えない。「みんな」という概念を認識しなくなっているというのですね。これが第一波とすれば、次の大きな波は本書でも論じられているとおり、近年のSNSの影響です。2010年頃から、大学のゼミが崩壊寸前という話があちこちで聞こえてきました。SNSでのコミュニケーションが学生の中心になり、教室での議論や決定が軽視されるようになったのです。僕のゼミでは、「SNSは『連絡事項』だけに限定して、『議論』はしない」という決まりにして、やっと崩壊を免れました。
 もちろん、SNSすべてが悪者というのではありません。本書でもインスタ、ツイッター、フェイスブックの違いが論じられていますが、画像主体のインスタとことばが主体のツイッターやブログでは、僕の実感でも明らかに違いがありますね。黒川さんが書いているように、写真は「対象の状況」で、ことばは「投稿者のものの見方」。「ものの見方」には反論したくなる人もいるのでしょうが、「状況」に対して反論は生じにくい。確かに、僕のブログは何度も炎上しましたが、インスタには、一方的な反論はめったに届きません。
 僕が専門とする臨床教育学は、現場で「探検」し、問題点を「発見」して、「こりゃあほっとけん」と解決へ向けて乗り出す。診断からお薬を処方するまで患者さんの面倒を見る町医者みたいな学問です。本書は、「臨床脳科学」ではないでしょうか。黒川さんが実際に見聞きしたことから「共感障害」を発見し、自己体験も盛り込んで、ママ目線、庶民目線の現場感覚をもって解決へと乗り出していった。ご自身が自閉症スペクトラムと分かって驚いたことや、ひとり息子を育てた経験談など、思わず笑ってしまうほどおもしろい。
「共感障害」に悩んでいる人だけでなく、脳科学の本を読んだことがない人、お母さんお父さん方、教育学の研究者を含め学校の先生にも読んでほしいです。分野を超えていろんな議論が生まれ、コミュニケーションの問題解決へと前進できるといいですね。

(おぎ・なおき 教育評論家)
波 2019年5月号より
単行本刊行時掲載

著者プロフィール

黒川伊保子

クロカワ・イホコ

1959(昭和34)年、長野県生れ。奈良女子大学理学部物理学科卒。株式会社感性リサーチ代表取締役。メーカーでAI研究に携わったのち、ことばの感性の研究を始める。気持ちよいと感じることばに男女の違いがあることを発見、独自のマーケティング論を拓く。著書に、『恋愛脳』『夫婦脳』『運がいいと言われる人の脳科学』『家族脳』『成熟脳』『「話が通じない」の正体』『妻のトリセツ』『夫のトリセツ』など。

黒川伊保子オフィシャルサイト (外部リンク)

判型違い(単行本)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

黒川伊保子
登録

書籍の分類