ホーム > 書籍詳細:神様がくれた涙

理不尽な病魔に翻弄される男たちの希望を描く「愛と勇気の物語」。

  • テレビ化JNN50周年記念スペシャルドラマ『天国で君に逢えたら』(2009年9月放映)

神様がくれた涙

飯島夏樹/著

482円(税込)

本の仕様

発売日:2009/03/01

読み仮名 カミサマガクレタナミダ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-130373-4
C-CODE 0193
整理番号 い-82-3
ジャンル 文芸作品
定価 482円

1パーセントの希望を信じ、病と闘い続けるヨットの元金メダリスト。日本屈指のガンの権威でありながら、医療の限界の前で苦悩する医師。そして目に見えぬ病の脅威に怯える天才サッカー少年。理不尽な病魔に翻弄され、絶望の底に沈んだ三人に新たな希望を与えたのは、小さな勇気と大きな嘘だった――。世界的プロウィンドサーファーが僅かな余命を惜しまず綴った「愛と勇気の物語」。

著者プロフィール

飯島夏樹 イイジマ・ナツキ

(1966-2005)1966年、東京都生まれ。日本人で唯一、8年間ワールドカップに出場し続けた世界的プロウィンドサーファー。マウイ、グアムを拠点に世界大会を転戦、年間約20戦に出場。世界戦で数々の入賞経験を持ち、国内大会での優勝も数多い。また、グアムでマリンスポーツ会社を起業する一方、ウィンドサーフィン専門誌「Hi-Wind」にエッセイを連載、ダイナミックな人柄を素直に記した文章が好評を博すなど、活動の幅を広げる。2002年5月、肝臓ガンと診断される。翌年3月、肝移植を受けるため、すべてを引き払ってグアムから日本に移住するも、セカンドオピニオンを求めた病院で「移植には適さない」と診断され、うつ病とパニック障害を併発。その後、二度の大手術と様々な治療を施したにもかかわらず、肝臓は悪化。2004年6月、余命宣告を受け、「自分は生かされている」と体感し、偶然出逢った執筆に生き甲斐を見出した。その時綴った小説『天国で君に逢えたら』(新潮社)はベストセラーとなる。同年8月、慣れ親しんだハワイに家族で移住。「最期のときまで物書きを続けたい」と、ネット連載「今日も生かされてます」で精力的に執筆を続けていたが、2005年2月28日23時50分、妻に見守られながら、天に召された。享年38。逝去後、発売された『ガンに生かされて』(新潮社)も大きな反響を呼んだ。サニーサイドアップ.所属。

関連書籍

感想を送る

新刊お知らせメール

飯島夏樹
登録する
文芸作品
登録する

書籍の分類

この分類の本