ホーム > 書籍詳細:養老孟司の大言論II 嫌いなことから、人は学ぶ

じつのところ、日本の将来、心配です! 内田樹氏との特別対談つき。

養老孟司の大言論II 嫌いなことから、人は学ぶ

養老孟司/著

562円(税込)

本の仕様

発売日:2014/03/01

読み仮名 ヨウロウタケシノダイゲンロン2キライナコトカラヒトハマナブ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-130839-5
C-CODE 0195
整理番号 よ-24-9
ジャンル 倫理学・道徳、ノンフィクション、教育・自己啓発、趣味・実用
定価 562円

戦争のおかげで変わり、学んだ世代の私は、大学紛争を経てオウム事件を機に大学を辞めた。「日本に思想はない」というが、そもそも人は、何かを信じなければ生きられない。傷つかないで終わるのが、理想的人生だろうか。政治、環境問題、宗教、歴史、科学──嫌いなものを突き詰めてこそ、わかってくることがある。内田樹氏との特別対談を収録した、「大言論」シリーズ第2巻。

著者プロフィール

養老孟司 ヨウロウ・タケシ

1937(昭和12)年、鎌倉生れ。解剖学者。東京大学医学部卒。東京大学名誉教授。心の問題や社会現象を、脳科学や解剖学などの知識を交えながら解説し、多くの読者を得た。1989(平成元)年『からだの見方』でサントリー学芸賞受賞。新潮新書『バカの壁』は大ヒットし2003年のベストセラー第1位、また新語・流行語大賞、毎日出版文化賞特別賞を受賞した。大の虫好きとして知られ、昆虫採集・標本作成を続けている。『唯脳論』『身体の文学史』『手入れという思想』『遺言。』『半分生きて、半分死んでいる』など著書多数。

目次

われわれの思想としての事件
「思想がない」という思想/私の思想が受けた影響/「カレーが好き」という思想/思想の恐ろしさ/公私混同
考える軍隊
「だまされた」という思い/後ろめたいという気持ち/戦争が証明したこと/盗賊が天下を取る/戦争から人は学ぶか
信仰とはなにか
ブータンとのなれそめ/人生は、一期一会である/宗教とは、生活の法である/「偏見」に気をつけろ
ユダヤ問題
ユダヤ人はなぜ迫害されるのか/ユダヤ人とはだれのことか/始原の遅れ/踏み絵を踏み続ける/先を取る/フランクルの生き方/我がままでいたい
意識の博物学
いじめられたから/「同じ」と「違う」について/科学はすべてを説明できるか/情報は動かない/内部世界と感覚世界/意識の博物学
博物学の視点
モノからの視点/感覚は万人に共通ではない/客観主義という誤解/真面目に考える時期が来た/環境問題の根本/五十年先のこと
違いから説き起こす
いちばん下から見るか、いちばん上から見るか/都市では同一性が優先する/感覚上の違いにこだわる/石油問題と地産地消/石油がなくなった世界
お金や情報は「現実」か
死んでも年金が欲しい人/言葉とお金は「同じ」のはたらき/ドッペルゲンガーがわからない日本人/同じものなんかない
石油が維持する秩序
世界でもっとも利益を上げた企業/石油の一滴は血の一滴/石油の生む「秩序」/秩序を成立させるのはエネルギー/アリとキリギリス
傲慢になっていないか
日本人の傲慢/いちばん大事なこと/政治と温暖化/環境問題の重要性/衣食足りて礼節を知る
単純な人生
ラオスで出会った日本人/野暮なことを聞くな/体の動きの達人に会うと、嬉しくなる/身体のいうことを謙虚に聞く
人を見ること、生きること
人間を見分ける目/ホームレスは「中立」/「生きていない」日本人/「生きること」への欲求/「半死人」の考え/まずは、生きてみる
「わからない」から始めよう――内田樹氏との特別対談

関連書籍

感想を送る

新刊お知らせメール

養老孟司
登録する
倫理学・道徳
登録する

書籍の分類

この分類の本