ホーム > 書籍詳細:名画に見る「悪」の系譜

名画に見る「悪」の系譜

中野京子/著

1,980円(税込)

発売日:2024/08/29

  • 書籍
  • 電子書籍あり

目をそむけたくなるほどの「悪」。画家たちはどう描いたのか。

裏切り、殺人、悪徳政治、虚栄、動物虐待、盗み、貧困……。あるときは背筋が凍るほど血なまぐさく、またあるときは魅惑されるほどに美しく描かれた「悪」の姿。名画に刻印された「悪」の深層を『怖い絵』の著者が歴史的、文化的背景をふまえて解いたときに見えてくる、人間との分かちがたい関係とは。カラー図版42点収録。

書誌情報

読み仮名 メイガニミルアクノケイフ
雑誌から生まれた本 芸術新潮から生まれた本
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判
頁数 192ページ
ISBN 978-4-10-353232-3
C-CODE 0095
ジャンル 文学・評論、絵画、芸術一般
定価 1,980円
電子書籍 価格 1,980円
電子書籍 配信開始日 2024/08/29

著者プロフィール

中野京子

ナカノ・キョウコ

作家、ドイツ文学者。西洋史や芸術に関する広範な知識をもとに、執筆活動のほか講演やテレビ出演など幅広く活動。主な著書『怖い絵』『名画で読み解く ハプスブルク家12の物語』『危険な世界史』『残酷な王と悲しみの王妃』『名画の謎 ギリシャ神話篇』『中野京子と読み解く運命の絵』『美貌のひと 歴史に名を刻んだ顔』『画家とモデル』など多数。

ブログ「花つむひとの部屋」 (外部リンク)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

中野京子
登録
絵画
登録
芸術一般
登録

書籍の分類