ホーム > 書籍詳細:明石家さんまヒストリー1 1955~1981 「明石家さんま」の誕生

明石家さんまヒストリー1 1955~1981 「明石家さんま」の誕生

エムカク/著

1,980円(税込)

発売日:2020/11/17

書誌情報

読み仮名 アカシヤサンマヒストリー011955~1981アカシヤサンマノタンジョウ
装幀 新潮社装幀室/装幀
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判変型
頁数 430ページ
ISBN 978-4-10-353781-6
C-CODE 0095
ジャンル ノンフィクション
定価 1,980円
電子書籍 価格 1,980円
電子書籍 配信開始日 2020/11/17

生まれた時から、ずっと面白い! 「国民的芸人」の歴史を辿るシリーズ第一弾。

少年時代から落語界入門、大阪での活躍、「ひょうきん族」スタートまで、若き日の明石家さんまの“歴史”を、本人の発言や膨大な資料をもとに克明に記録。師匠のもとで芸を磨き、芸人仲間と切磋琢磨しながら順調にスターの階段をのぼる一方で、芸を捨てる覚悟をした大恋愛、ブレイク前夜の挫折など、苦くも充実した“青春時代”の姿を浮かび上がらせる。人生を「明石家さんま研究」に捧げた男による、渾身のデビュー作!

目次
まえがき
プロローグ――杉本高文18歳
師匠との出会い/弟子入り
I.原点――1955~74年の杉本高文
実母の死と「奈良の三バカ大将」/笑いに目覚める/「アーアーズ」を結成/親友・大西康雄/人生で一番ウケた日/奈良商のヒーロー
【コラム1】笑いとともに成長した少年時代
II.入門――1974~75年の笑福亭さんま
弟子修業/島田紳助との出会い/鶴瓶の大判焼き/その名は「笑福亭さんま」/異例のスピードデビュー/落語デビュー/芸をとるか、愛をとるか/東京へ逃げる/伝説のアルバイト/行き詰まり
III.再起――1975年の明石家さんま
別れの手紙/師匠との再会/「明石家さんま」の誕生/紳助との再会/どうすれば楽しくなるか/やしきたかじんと「グッド・バイ・マイ・ラブ」/森啓二とのナンパ/師匠の酒ぐせ
【コラム2】最高の師弟
IV.研鑽――1976年の明石家さんま
テレビデビュー/横山やすしとのハード・デイズ・ナイト/年季明け/第一久寿川荘(タンポポ荘)/紳助との直営業/2階席で笑う関根勤/大須演芸場での発見/水中縄抜けショー/小禄との漫才/窮地を救った巨人のエース・小林繁/さんまとのりお/忘れじの高島屋の香り/同期の“巨人”/大みそかの不完全燃焼
【コラム3】記念すべきテレビデビュー
V.覚悟――1977年の明石家さんま
念願の『ヤングおー!おー!』に初出演/まぼろしの「アトム・スリム」/“紳竜”結成を仲介/突然の交代劇/「ビールス7」結成/桂三枝のありがたい説教/芸人仲間と花月の楽屋
【コラム4】ピン芸人としての覚悟
【1977年の明石家さんま活動記録】
VI.刺激――1978年の明石家さんま
刺激的な日々/『MBSヤングタウン』/再びの小林繁/「さんま&大阪スペシャル」
【コラム5】桂三枝の指導
【1978年の明石家さんま活動記録】
VII.進撃――1979年の明石家さんま
初の冠番組と単独ライブ/落語から距離を置く/ヒートアップするさんま人気/歌手デビュー/『オールナイトニッポン』がスタート/“音痴”を演出/レギュラー14本で己の限界を知る/「音一ファンクラブ」/三枝からのバトン
【コラム6】第一次黄金期――ふたつの“決別”
【1979年の明石家さんま活動記録】
VIII.追走――1980年の明石家さんま
三枝二世/漫才ブーム/「10万人のファンよりひとりのエッチ」/桑田佳祐と「西の郷ひろみ」/漫才ブームにくらいつく/「さんま&アベレージ」結成/松田聖子とツーショット/吉本興業の東京進出/さんまvs.小朝/『笑ってる場合ですよ!』と『天皇の料理番』/落語家をやめる
【コラム7】漫才ブームの嵐の中で
【1980年の明石家さんま活動記録】
IX.誕生――1981年の明石家さんま
同期との切磋琢磨/憧れの大原麗子と初共演/『ヤングおー!おー!』と『花の駐在さん』を引き継ぐ/『オレたちひょうきん族』がスタート/創作落語/『いくつもの夜を越えて』/『オレたちひょうきん族』のレギュラー化/田原俊彦とのデッドヒート/漫才ブームの終焉/初のスキャンダルの影響/ブラックデビルの誕生
【コラム8】大阪から東京へ
【1981年の明石家さんま活動記録】

著者プロフィール

エムカク

エムカク

1973(昭和48)年福岡県生まれ、大阪府在住。明石家さんま研究家。ライター。1996年より「明石家さんま研究」を開始。以降、ラジオやテレビ、雑誌などでの明石家さんまの発言をすべて記録し始める。その活動が、水道橋博士の目に留まり、2013年9月10日より「水道橋博士の『メルマ旬報』」で連載「明石家さんまヒストリー」をスタート。莫大な愛情と執念によって記録されたその内容は、すでに業界の内外で話題を呼んでいる。日本テレビ「誰も知らない明石家さんま」など、テレビ特番のリサーチャーも務める。『明石家さんまヒストリー1 1955~1981 「明石家さんま」の誕生』がデビュー作。Twitter:@m_kac/YouTubeチャンネル:エムカクノート

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

エムカク
登録

書籍の分類