ホーム > 書籍詳細:古城の風景 2―松平の城―

古城の風景 2―松平の城―

宮城谷昌光/著

1,430円(税込)

発売日:2005/09/22

書誌情報

読み仮名 コジョウノフウケイ02マツダイラノシロ
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 175ページ
ISBN 978-4-10-400413-3
C-CODE 0095
ジャンル エッセー・随筆、文学賞受賞作家
定価 1,430円

戦乱の世を勝ち残った英傑、徳川家康。家康ゆかりの松平家の故地をたどる歴史紀行!

けっして城に倚(よ)らず、押し寄せてくる敵軍を城内で待つことをせず、かならず出撃して、城外の曠原で戦った松平一門。小説新潮誌上で、著者初の日本の戦国時代を舞台にした歴史小説「風は山河より」を連載中の宮城谷昌光が、日本史への熱い想いを抱いて、歴史の陰に埋もれた松平家庶流の城を東三河に巡る。「波」好評連載中。

著者プロフィール

宮城谷昌光

ミヤギタニ・マサミツ

1945(昭和20)年、愛知県生れ。早稲田大学第一文学部英文科卒。出版社勤務等を経て1991(平成3)年、『天空の舟』で新田次郎文学賞を、『夏姫春秋』で直木賞を受賞。1993年、『重耳』で芸術選奨文部大臣賞受賞。2000年、司馬遼太郎賞受賞。『晏子』『玉人』『史記の風景』『楽毅』『侠骨記』『沈黙の王』『管仲』『香乱記』『三国志』『古城の風景』『春秋名臣列伝』『楚漢名臣列伝』『風は山河より』『新三河物語』『呉越春秋 湖底の城』等著書多数。

関連書籍

判型違い

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

宮城谷昌光
登録
エッセー・随筆
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類