ホーム > 書籍詳細:ここに物語が

ここに物語が

梨木香歩/著

1,760円(税込)

発売日:2021/10/29

書誌情報

読み仮名 ココニモノガタリガ
装幀 新潮社装幀室/装幀
雑誌から生まれた本 から生まれた本
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判
頁数 280ページ
ISBN 978-4-10-429913-3
C-CODE 0095
ジャンル 文学・評論
定価 1,760円
電子書籍 価格 1,760円
電子書籍 配信開始日 2021/10/29

何を、どんなふうに考えながら生きてきたか。物語を発見する日常を辿る。

創る者も読む者も、人は人生のそのときどき、大小様々な物語に付き添われ、支えられしながら一生をまっとうする――どんな本をどんなふうに読んできたか。繰り返し出会い続け、何度もめぐりあう本は、自分を観察する記録でもある。思索と現実、日常にいつも共にある、本と物語をめぐるエッセイ集。

目次
伝えたい一冊
塩野米松『失われた手仕事の思想』/桜井信夫/『ハテルマ シキナ』/辰巳芳子『辰巳芳子の旬を味わう』/杉本鉞子『武士の娘』/鶴見俊輔 安達浩写真『新版 家の神』/リルケ『若き詩人への手紙 若き女性への手紙』/アレン・クライン『笑いの治癒力 II』/高野悦子『二十歳の原点』/神沢利子『おばあさんになるなんて』/リンドバーグ『海からの贈りもの』/フランシス・P・チャーチ『サンタクロースっているんでしょうか?』
今週の本棚
正面から向き合う 「風の旅人」
アジアの児童文学 「ネバーランド」
混じり合う屋敷の内と外 「考える人」
女性が戦いをどう歌ってきたか 「短歌研究」
〈死〉を考える言葉 「思想」
モラトリアム増殖の意味 「現代のエスプリ」
変化する細胞 「Newton」
静かな〈関心と熱〉の持続 「ナショナルジオグラフィック日本版」
暮らしの変化と〈伝える〉意志 「リンカラン」
愛書日記
詩情と思索のアウトドア/懐かしい絵はがき/心の指南役としての「実用」/宝石箱の中の財産/残したいサハリンの草花/秋の夜の読書/土と暮らす生活/「移動する」ということ/凄まじきもの/本体より繋ぎ目が魅力/歩いて五感で作る「地図」/痛みを受信する
マンスリー・ブックマーク
14歳! 何はともあれその眩さ!
安東みきえ 『頭のうちどころが悪かった熊の話』
北上次郎編 『14歳の本棚 部活学園編』
世界が全く違って感じられる
ヘルマン・シュルツ 『ふたりきりの戦争』
ヤスミナ・カドラ 『テロル』
子どもの本三冊
桜井信夫 『ハテルマ シキナ』
ドラ・ド・ヨング 『あらしの前』
フィリパ・ピアス 『幽霊を見た10の話』
一瞬の火のような物語
加藤幸子「火の恋」/アリステア・マクラウド「島」
小学生の頃、読んだ本
いぬいとみこ 『木かげの家の小人たち』
ドストエフスキー 『罪と罰』
佐藤さとる 『てのひら島はどこにある』
II
小さな人たちのいる場所
――映画「借りぐらしのアリエッティ」
「曲り角のさきにあるもの」を信じる
――村岡恵理『アンのゆりかご』文庫解説
不可抗力の魔術
――ゴールズワージー『林檎の樹』
「あり得ないもの」のる「日常」と
――早川司寿乃『いつも通りの日々』解説
緩急を得た片づけの妙
――幸田文『流れる』
「狂熱」の行方――片山廣子の場合
『新編 燈火節』解説
勤勉と受容――二軒の家をめぐって
ガルシア=マルケス『百年の孤独』解説
ユートピアは存在する
――ガルシア=マルケス『ぼくはスピーチをするために来たのではありません』
ハンセン病と自由について
――特集「自由」って何?
パトリック・バーカム『アナグマ国へ』解説
バオバブのある風景 記憶を紐解く
――映画「バオバブの記憶」
まとめ上げ、醸し、解体する
――加藤幸子『家のロマンス』
生命いのちをかたちづくる皮膚
――傳田光洋『皮膚感覚と人間のこころ』
詩が伝わる歓び
――井坂洋子『詩はあなたの隣にいる』
真昼の星々への旅
――水越武『真昼の星への旅』
書苑周遊 新刊この一冊
アンドレア・ディ・ロビラント『ヴェネツィアのチャイナローズ』
ジョシュア・ハマー『アルカイダから古文書を守った図書館員』
自らを映し出す暗渠
――本田創、高山英男、吉村生、三土たつお『はじめての暗渠散歩――水のない水辺をあるく』
存在の深みへ向かう旅
――鷲尾和彦写真集『To the Sea』
私の好きなクレスト・ブックス
――グレアム・スウィフト『ウォーターランド』
III
今読む名作・話題作
ジェイン・オースティン 『分別と多感』
E・ネズビット 『若草の祈り』
吉野せい 『洟をたらした神』
ジョー・シンプソン 『死のクレバス』
和田稔 『わだつみのこえ消えることなく』
和田稔さんのこと――群れにいると見えないこと
「その矢じるしの先っぽは、きみたちの国だよ」
――佐藤さとる『だれも知らない小さな国』文庫解説
気づかぬままで
――佐藤さとる展に寄せて
しづの成熟」と「明治の精神」
――『定本 漱石全集 第九巻「心」』月報
親密な関心の寄せ方
――夏目漱石「文鳥」
『サリー・ジョーンズの伝説』
――どんな絵本を読んできた?
北志向について
――場所の力 言葉の種
「ひとがた」のバランス
村尾嘉陵『江戸近郊道しるべ』
よい航海を!――作家と絵本
新たな陸地を目指す創作者の方へ
IV
「犯しがたさ」と「里山脳」
――特集日本人の自然観・死生観
金子文子『何が私をこうさせたか』
スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ『完全版 チェルノブイリの祈り』解説
「コヴィッド―19じん」として
――特集コロナ後の人生哲学
遠くへ! 遠くへ!
――『わたしたちのたねまき』訳者あとがき
蛇の末娘
初出一覧

インタビュー/対談/エッセイ

取り憑かれたように読み、伝えたくて書く――日常に共にある本と物語の背景

梨木香歩

――旅先の話題、特に北海道への旅が多いようですね。

 昔からずっと、北志向がありました。北海道の自然には今でも惹かれるものがあります。アイヌの人びとの世界の捉え方とか、開拓で大地と向き合ってきた人びとの生活とか。空港で飛行機から降り立ったときの大気の爽やかさとか。そういうことへの「好き」が、仕事と繋がっていったということに関しては、運のいい人間だったと思います。

――湖でのカヤックについても。カヤックで風に吹かれて本を読む、と『水辺にて』に書いていらっしゃいました。

 スポーツカヤックというのはまったく苦手です。運動能力も体力もないし。でも水上生活というのは好きなんです。飲み物と食料を持って、湖や沼で。川はだめです、流されちゃうから。でも運河はオーケー。水の上でぶらぶらしながら気に入った場所で本を読む。体が冷えないためのアウトドア・ウェアにも、一時期詳しくなりました。琵琶湖の周辺には、そういう運河や小さな湖などが多く、楽しみましたが、今は、なかなかそういう機会が持てないでいます。その代わりに野歩きが多くなりましたね。ただ、そうやって水上生活を楽しんだ孤独の時間というのが確実に私の体の記憶にあって、何かをするとき、何かに向かうときの基本の姿勢に組み込まれている感覚があります。

――ロングセラーの幾つかに現れる「小さい人」への興味は幼い頃からいまも、ずっと続いているのですね。

 スケールだけを小さくして、人間の生活とは違う生活が同時進行でこの世に営まれている、というストーリーには、幼い頃からずっと惹かれるものがありました。それが床下であっても、人間の内界であっても、「もう一つの世界」というものの存在はとても刺激的です。

――特攻兵だった和田稔さんについては、本の紹介にとどまらずその人生への思いを綴っていらっしゃいます。

『わだつみのこえ消えることなく』の存在自体は知っていたのですが、読むのがつらくて無意識に避けてきたものでした。昨年立て続けに元回天、伏龍、震洋特攻隊に所属されていた岩井ご兄弟が証言集を発表され、そのなかに『わだつみ〜』の著者、和田稔さんについての思い出話があり、感銘を受け、いよいよ向き合う時が来たのだ、と、覚悟して読みました。そのことについてのエッセイを書いたら、それを読んだ本書の担当編集者が、以前手掛けた芹沢光治良さんの作品集に在りし日の和田稔さんとの会話を取り上げた作品がある、と教えてくれたのです。それを読んでますます深く彼の孤独について考えることになり、終戦記念日も間近だったこともあったのか、なんだか書かざるを得なくなるような衝動を抱えて、ほかの媒体にも書き続けて、それらもこの本に収録しました。

――「コヴィッド-19じんとして」生きるという表現が、ごく最近書かれたもの二つに出てきています。

 コロナ禍で人種差別や貧富の格差、様々な課題が剥き出しになってしまったところがありました。
 ベラルーシ出身の作家、スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチは『完全版 チェルノブイリの祈り』で、チェルノブイリに生い育った人間だけでなく、チェルノブイリ事故を経験した人間、直接には経験していなくても、例えば事故後チェルノブイリに移り住んだ、他国からきた難民たち――人間同士の殺し合いよりも放射能の方がまし、というわけです――そういう人びとも含めて「チェルノブイリ人」と呼んでいます。チェルノブイリが、人生に大きく関わってきて良くも悪くもそれ抜きでは人生を語れなくなった人びとを、そう呼んでいるのです。「コヴィッド-19人」という言葉は、そういう意味で、これから私たちは皆、国を超え、人種を超えて「コヴィッド-19人」という一つの呼称に収斂されていくのではないか、という仮説そのものとして提出しました。世界は一つ、という、オリンピック等の壮大なお祭りでの理念上の言葉でしかなかったものが、手酷い体験を通して、共通の災禍をかい潜ったもの同士の否応ない共通感覚を通して、ようやく実感のこもった言葉として手にすることができるのかもしれない、そこにせめて、人類の精神性が次のステップへ向かう可能性はないだろうか。そういうことを考えていた時期だったので、媒体が違い、テーマが違っても自然に出てきてしまったのでした。

 こうやって、本のみならず、様々な対象について語っているものを寄せ集めてみると、我ながらその時期その時期、取り憑かれていたものが明確になっているようで、個人的には感慨深いものがあります。そこにあるはずの物語を読み解こうとする姿勢だけは、蟹が同じ形の穴を掘り続けるように変わりばえしませんが、大して成長もなく過ごしてきたことに、諦めにも似た嘆息が出ます。手にとって読んでいただける方には感謝のほかありません。

(なしき・かほ 作家)
波 2021年11月号より
単行本刊行時掲載

著者プロフィール

梨木香歩

ナシキ・カホ

1959年生まれ。『西の魔女が死んだ』で作家デビュー。小説、エッセイ、ネイチャーライティング、絵本など、さまざまな著作がある。小説に『丹生都比売 梨木香歩作品集』『西の魔女が死んだ 梨木香歩作品集』『裏庭』『からくりからくさ』『りかさん』『家守綺譚』『冬虫夏草』『村田エフェンディ滞土録』『沼地のある森を抜けて』『ピスタチオ』『雪と珊瑚と』『f植物園の巣穴』『椿宿の辺りに』『海うそ』『僕は、そして僕たちはどう生きるか』など、エッセイに『春になったら莓を摘みに』『ぐるりのこと』『水辺にて』『渡りの足跡』『エストニア紀行』『不思議な羅針盤』『鳥と雲と薬草袋/風と双眼鏡、膝掛け毛布』『ほんとうのリーダーのみつけかた』『やがて満ちてくる光の』『物語のものがたり』、児童書に『岸辺のヤービ』『ヤービの深い秋』、絵本に『よんひゃくまんさいのびわこさん』(絵 小沢さかえ)などがある。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

梨木香歩
登録

書籍の分類