ホーム > 書籍詳細:漱石とその時代 第五部

漱石とその時代 第五部

江藤淳/著

1,430円(税込)

発売日:1999/12/24

書誌情報

読み仮名 ソウセキトソノジダイ5
シリーズ名 新潮選書
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 292ページ
ISBN 978-4-10-600575-6
C-CODE 0391
ジャンル 文学・評論、ノンフィクション
定価 1,430円

永遠に未完のライフワークを残して、江藤淳は逝った――畢生の評伝、最終巻・全十五章。

小説家夏目漱石の決定的実像とは何か。深い洞察とゆたかな描写で、著者は誕生から晩年までの漱石を描き切った。しかし第五部は、『行人』『心』『道草』を鮮やかに論じながら、ついに未完に終わる。評伝の終章を中心に、桶谷秀昭氏の懇切にして緻密な解説を巻末に収録。

  • 受賞
    第23回 野間文芸賞

関連コンテンツ

著者プロフィール

江藤淳

エトウ・ジュン

(1933-1999)東京・大久保生れ。1956(昭和31)年刊の『夏目漱石』で新鋭批評家として一躍脚光を浴び、『小林秀雄』(1961年刊)により新潮社文学賞受賞。1969年末から約9年にわたり毎日新聞の文芸時評を担当。この間、1970年には『漱石とその時代』(第一部、第二部)で菊池寛賞、野間文芸賞を受けた。他の作品に『海は甦える』『成熟と喪失』『一族再会』『自由と禁忌』など。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

江藤淳
登録

書籍の分類