ホーム > 書籍詳細:血と笑いとエロスの絵師 岩佐又兵衛

卑俗にして高貴なる、「奇想派」最後の大物見参!

血と笑いとエロスの絵師 岩佐又兵衛

辻惟雄/著 、山下裕二/著

1,836円(税込)

本の仕様

発売日:2019/01/31

読み仮名 チトワライトエロスノエシイワサマタベエ
シリーズ名 とんぼの本
装幀 《山中常盤物語絵巻》12巻のうち第5巻より(MOA美術館蔵)/カバー表、大野リサ/ブックデザイン、nakaban/シンボルマーク
雑誌から生まれた本 芸術新潮から生まれた本
発行形態 書籍
判型 B5判変型
頁数 127ページ
ISBN 978-4-10-602287-6
C-CODE 0371
ジャンル 芸術一般
定価 1,836円

江戸初期、凄絶な復讐譚を長大な絵巻に仕立てる一方、当世風俗をよく描き“浮世絵の元祖”と呼ばれた謎多き絵師がいた。信長に謀反を企てた武士を父に持ち、京、福井、江戸を渡り歩いた波乱の人生を辻氏がガイド、ユーモアとエロスが漂う作品については辻氏と山下氏が四つのキーワードで対談。貴重な絵巻もたっぷり見せる。

著者プロフィール

辻惟雄 ツジ・ノブオ

美術史家、東京大学・多摩美術大学名誉教授。1932年、愛知県生まれ。1961年、東京大学大学院博士課程中退。東京大学文学部教授、千葉市美術館館長、MIHOMUSEUM館長などを歴任。1970年に刊行された『奇想の系譜』(美術出版社)で、又兵衛、山雪、若沖、蕭白、芦雪、国芳を「奇想の画家」としていち早く再評価し、琳派や文人画、円山派などを中心に語られてきた近世絵画の見方を大きく変えた。日本美術の特質を「かざり」「あそび」「アニミズム」に見て、装飾工芸から幽霊画、春画、漫画まで幅広く論じる。他の主な著書に『日本美術の歴史』(東京大学出版会)、『奇想の図譜』『あそぶ神仏:江戸の宗教美術とアニミズム』(ともにちくま学芸文庫)、『辻惟雄集』全6巻(岩波書店)など。

山下裕二 ヤマシタ・ユウジ

美術史家、明治学院大学文学部芸術学科教授。1958年、広島県生まれ。東京大学大学院修了。室町時代の水墨画の研究を起点に、縄文から現代まで幅広く美術を論じる。主な著書に『岡本太郎宣言』(平凡社)、『日本美術全集20 日本美術の現在・未来』(小学館、責任編集)、共著に『驚くべき日本美術』(集英社インターナショナル)、『禅のこころを描く 白隠』(新潮社とんぼの本)など。企画・監修を手がけた展覧会に「ZENGA展」「雪村展」「五百羅漢展」「白隠展」「驚異の超絶技巧!―明治工芸から現代アートヘ―」「奇想の系譜展」など。

目次

謎の絵師がいた。
又兵衛風絵巻群の衝撃
山中常盤物語絵巻
浄瑠璃物語絵巻
堀江物語絵巻
小栗判官絵巻
その画家 卑俗にして高貴なり 作品と人生
【人生篇】解説 辻惟雄
その一 乱世に生まれて
その二 北の新天地で花ひらく
その三 江戸に死す
【作品篇】対談 辻惟雄+山下裕二
その一 笑う又兵衛
その二 妖しの又兵衛
その三 秘密の又兵衛
その四 その後の又兵衛
コラム 又兵衛工房と岩佐派のゆくえ  文 戸田浩之
ガイド 又兵衛に出会う美術館

まとめテーマでくくる 本選びのヒント

つなぐ本×本 つながる読書<広がる世界

“浮世絵の元祖”と呼ばれた謎多き絵師

織田信長に一族を滅ぼされ、武門の再興をはかりながら、絵筆に生涯をかけた。

感想を送る

新刊お知らせメール

辻惟雄
登録する
山下裕二
登録する
芸術一般
登録する

書籍の分類

この分類の本

血と笑いとエロスの絵師 岩佐又兵衛

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto