ホーム > 書籍詳細:衆愚の時代

衆愚の時代

楡周平/著

748円(税込)

発売日:2010/03/17

書誌情報

読み仮名 シュウグノジダイ
シリーズ名 新潮新書
発行形態 新書、電子書籍
判型 新潮新書
頁数 191ページ
ISBN 978-4-10-610353-7
C-CODE 0236
整理番号 353
ジャンル 社会学、ノンフィクション
定価 748円
電子書籍 価格 660円
電子書籍 配信開始日 2011/10/28

「国民のみなさま」が国を滅ぼす。「弱者の視点」より「社会人の常識」を取り戻せ!

いつの間にか、この国では偽善的言説が「正論」になってしまった。負担は先送りして「国民のみなさま」にバラマキを約する政治家、セレブ生活を棚に上げて「CO2削減」を訴えるテレビキャスター、「誰もが望んだ仕事につける社会を」と空論を述べる新聞記者……。誰も本当のことを言わないのなら私が言おう、社会人なら心得ておくべき「当然の常識」を。思わず溜飲の下がる、衆愚の時代への鉄槌。

目次
はじめに
第1章 派遣切りは正しい
派遣切りはそんなに悪いのか/不況は必然だった/空洞化する日本/過剰サービスの裏側/仕事がなくても雇い続けろと言うのか/ワークシェアリングは机上の空論/派遣を求めたのは消費者
第2章 欲望を知らない子供たち
この先も車は売れない/デートに道具がいらなくなった/弁当は社会の縮図だった/メディアが弱者を作り出す/学者の戯れ言/悪いことは悪い!
第3章 夢という名の逃げ道
ネットで愚痴るバカ/お受験はコネ次第か/それでも人材は不足している/与えられた仕事に熱意を持て/不適格者を入社させないための最適な方法/プータロー→フリーター/マスコミが市民権を与えた
第4章 サラリーマンは気楽な稼業ではない
サラリーマンはプロである/夢の代償/サラリーマンは意外とつぶしがきく/借金してくれと誰が頼んだ?/家は値下がりするものと心得よ/仕事とは常に「持ち出し」である
第5章 まだ株屋を信用しますか
投資は博打である/博打で儲けるのは胴元だけ/営業マンはソルジャー/FXには手を出すな/金融工学の前に常識を知れ/投資銀行の手口はヤクザと一緒
第6章 非成長時代の身の処し方
これから格差はますます広がる/企業買収で従業員のクビが飛ぶ/ベンチャーの危うさ/手に職を持っている奴は強い/企業の人気は移ろいやすい/なぜ官僚は堕落したか/ある新聞奨学生の話/キャンパスライフは楽しくなくていい/大卒資格より一人前を目指せ/農業と漁業になぜ将来性があるのか/モノが売って貰えない時代がやってくるかも知れない/日本の農産物は世界一うまい
第7章 老人専用テーマパークを作ろう
老後が見えない日本人の不幸/若者は老人より優れているのか/プラチナタウン構想/住宅市場が活性化する/そして地域も蘇る/ばらまき財政の回収をしよう
第8章 「弱者の視点」が国をダメにする
民間にタカる天下り官僚たち/あまりにも幼い民主党議員たち/使えない若者も、使える老人もいる/友人に借金してはならぬ/年収二千万円で丁稚奉公?/弱者は常に正しいのか/エンプティ・プロミス/政策一つで子供が増えるか!
あとがき

蘊蓄倉庫

「老人専用テーマパーク」を描いた小説

『衆愚の時代』の中で、楡周平さんは、「老人専用テーマパーク」の建設を提唱しています。過疎に悩む地方都市に、何千人も収容できる、現役引退者用の巨大な住宅施設を建設する構想です。これは、介護問題の改善、地域活性化、「ばらまき財政」の成果の回収、経済構造の転換、若者の雇用機会の確保、少子化対策、豊かな老後などを同時に実現できる、実に魅惑的なアイデアです。「そんな夢物語みたいなことができるのか」と思われるかも知れませんが、楡さんの小説『プラチナタウン』(祥伝社)には、この構想の実現までのプロセスが、迫真のリアリティで描かれています。『衆愚の時代』を読んで興味を持たれた方には、ぜひ一読をおすすめします。
掲載:2010年3月25日

著者プロフィール

楡周平

ニレ・シュウヘイ

1957(昭和32)年生れ。慶應義塾大学大学院修了。1996(平成8)年、米国企業在職中に執筆した『Cの福音』が、いきなりベストセラーとなり、衝撃のデビューを飾る。翌年より執筆に専念し、以後、『Cの福音』を始めとする朝倉恭介シリーズ(全6冊)の他、『マリア・プロジェクト』『フェイク』『再生巨流』『異端の大義(上・下)『陪審法廷』『ラスト ワン マイル』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京(上・下)「プラチナタウン』『虚空の冠(上・下)』『東京カジノパラダイス』『ドッグファイト』『バルス』『TEN』『サリエルの命題』など、時代を先取りしたテーマと幅広い作風で、つねに話題作を発表し続けている。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

楡周平
登録
社会学
登録

書籍の分類