ホーム > 書籍詳細:私の考え

私の考え

三浦瑠麗/著

858円(税込)

発売日:2020/04/17

書誌情報

読み仮名 ワタシノカンガエ
シリーズ名 新潮新書
装幀 新潮社装幀室/デザイン
雑誌から生まれた本 週刊新潮から生まれた本
発行形態 新書、電子書籍
判型 新潮新書
頁数 239ページ
ISBN 978-4-10-610856-3
C-CODE 0236
整理番号 856
ジャンル ノンフィクション
定価 858円
電子書籍 価格 858円
電子書籍 配信開始日 2020/04/24

人間、迷ったら本音を言うしかない。政治について、孤独について、人生について、誠実に書きとめた思索の軌跡。

「人生は一回限り。人間、迷ったら本音を言うしかない」――常に冷静に、建設的な議論を求めるスタンスで言論活動を続けてきた著者が、思うままに本音を語る。「“リベラル”にも女性憎悪は潜んでいる」「『性暴力疑惑』を報じる価値」「政治家が浮気してもいい」「怖がっているだけでは戦争はわからない」「恋は本当に美しいものだから」etc. 政治について、孤独について、人生について、誠実に書きとめた思索の軌跡。

目次
はじめに――人生は一回限り
第1章 女が戦争を語るということ
怖がっているだけではわからない/唇をそっと閉じてみる/人間としての官僚のあやまち/人と話して途方に暮れる瞬間/憎しみでなく、アデルの音楽のように/「孤独」は手の届くところに置いておきたい/身近な死が教えてくれた/娘の匂い
コラム(1)この島国の明日
第2章 この国の未来に必要なもの
従順さは「富国」につながらない/大学「無償化」で焼け太りするのは/学校をさぼってばかりだった/移民はもうそこにいる/日本に欠けているのは多様性と――/“リベラル”にも女性憎悪は潜んでいる/女性専用車両は差別か/ポリコレが暴走していないか
コラム(2)女子の消えない呪い
第3章 女性であること、自由であること
「配偶者控除」決着の落としどころ/石原慎太郎さんに「旧体制」を思う/「反体制」という物語を日本が失った先/日本が夢を諦めたとき、女たちはどうすればいいのだろう/「セクハラ告発の行き過ぎ」を誤解してほしくない/だから#MeTooの人民裁判は終わらない/「性暴力疑惑」を報じる価値/性犯罪捜査が抱える根深い闇/皺だらけの身体の中にある魂/ファースト・レディーは「ポイズ」が大事
コラム(3)ほんとうの自由と規律
第4章 時にはメディアと対峙して
政治家が浮気してもいい/罰を与えれば傷は癒えるか/淫行事件でスルーされるもっと大事なこと/恋は本当に美しいものだから/大坂なおみさんが日本で育っていたら/メーガン妃は英国の価値観を変えられるか/「選挙特番」は誰に向けて作られているのか?
コラム(4)教育が本来持つ意味
第5章 世界を政治で切り取れば
「ロマンチシズムの国」の総理大臣/国会質問の意味をもう一度考えてみよう/次元の低い「リベラル/保守」論争/権力や戦争、革命の敵は「笑い」である/芸人さんの感覚知/ポピュリズム批判をする前にできること/いま世界にある二つの対立軸と四つの陣営
コラム(5)お友だちってどうやって作るの?
第6章 子どもに寄り添う 子どもと向き合う
大人だから頑張れるでしょ/裏切られることの恐怖/震災のあの日、起きたこと/私がカンガルーだった頃/師走が来ると思い出す、姑ミス・ダイアンのこと/結局は限りなくひとりである――/ごめんね、ママが見つけてあげられなくて/果てしない夢のあとで
コラム(6)月くんと惑星くん
おわりに――前向きに生きるということ

「はじめに――人生は一回限り」より(抜粋)

 だからこそ、まずは政治にかかわる選択を私たちがくだす前の構造を分かりやすく示し、タテ(歴史的比較)とヨコ(各国比較)の構造をつまびらかにしようと心を砕いてきた。物事をあちらとこちらにぴしっと整理したあとは、人びとの自由な決断があっていい。こうでなければいけない、というのは私の正義感と価値観にすぎないのだから。
 ただ困ったことに、こういった態度を続けていくとどうもひとりぼっちになりがちだ。自由であることには代償が伴う。
 けれども人生は一回限り。人間、迷ったら本音を言うしかない。

担当編集者のひとこと

一文の強さ

 ご存知のように三浦瑠麗さんは2012年に『シビリアンの戦争』を上梓、いまや、「朝まで生テレビ」や「ワイドナショー」といった人気テレビ番組などでも活躍する国際政治学者として知られています。昨年は『孤独の意味も、女であることの味わいも』で衝撃の半生を告白、その過去が広く女性の共感を集めたことをご存知の方もいるかもしれません。
 本書はその三浦瑠麗さんが2017年から「週刊新潮」で執筆していた連載エッセイに新たに加筆・訂正を加え、まとめたものです。「まとめたもの」と簡単に言っていますが、連載当時から間近で見ていた担当編集者からしてみれば別物と言っていい完成度です。取り扱うジャンルは国際政治はもちろん国内政治、テレビ番組の裏側からご自身の私生活にまで及び、まさに三浦さんの『私の考え』が横溢した一冊となっているのですが、印象的なのは三浦さんの他の本にはあまり見られない、エッセイならではのフレーズの強さです。
 例えば冒頭の一篇では、なぜ自分は「書くのか」というその理由の一端を明かしつつ、政治評論に携わる者としての困難を綴り、こう締めくくるのです。
「ただ困ったことに、こういった態度を続けていくとどうもひとりぼっちになりがちだ。自由であることには代償が伴う。
 けれども人生は一回限り。人間、迷ったら本音を言うしかない」
 あるいは、かつての女性運動について思いを馳せた一篇では、「私の胸の中にも、夢なんか見なくていいんだという声は潜んでいる」と述べつつも、自身に刻印された過去を振り返ります。
「保育園のお迎え後も仕事が終わらず、職場の床にマットを敷いてあやしたこと。赤ん坊を抱っこ紐に入れ、両手に二十四時間スーパーの袋を幾つも抱えて夜道を歩きながら、ふいに訳もなく涙が出たこと。
 ごめんね、ごめんね。そういいながら顎の関節の奥がきゅっと痛んだ」
 どの一篇にも、エッセイだからこその、三浦さんの「考え」が凝縮された一文が含まれているのです。

2020/04/24

イベント/書店情報

著者プロフィール

三浦瑠麗

ミウラ・ルリ

1980年、神奈川県生まれ。国際政治学者。幼少期を茅ヶ崎、平塚で過ごし、県立湘南高校に進学。東京大学農学部を卒業後、同公共政策大学院及び同大学院法学政治学研究科を修了。博士(法学)。東京大学政策ビジョン研究センター講師を経て、山猫総合研究所代表取締役。博士論文を元にした『シビリアンの戦争――デモクラシーが攻撃的になるとき』(岩波書店)でデビュー。近著に『21世紀の戦争と平和――徴兵制はなぜ再び必要とされているのか』(新潮社)。「朝まで生テレビ!」、「ワイドナショー」などテレビでも活躍する一方、旺盛な執筆、言論活動を続ける。第18回正論新風賞受賞。『孤独の意味も、女であることの味わいも』は初の自伝的著作である。

ブログ:山猫日記 (外部リンク)

メールマガジン:三浦瑠麗の「自分で考えるための政治の話」 (外部リンク)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

三浦瑠麗
登録

書籍の分類