ホーム > News Headlines > 『私の考え』刊行記念配信 「三浦瑠麗の考えと言葉 -2020年6月-」

イベント/書店情報終了しました

『私の考え』刊行記念配信
「三浦瑠麗の考えと言葉 -2020年6月-」

『私の考え』刊行記念配信 「三浦瑠麗の考えと言葉 -2020年6月-」

三浦瑠麗さん新刊 「私の考え」の刊行を記念して、配信イベントを開催。
新型コロナへの政策をはじめ、その一挙手一投足が注目される日本政府。
三浦さんの目にはどううつり、どう考えているのか。
「朝まで生テレビ!」や「ワイドナショー」などTVでも活躍する一方、
執筆、言論活動を続ける三浦さん。自由な発言に伴う代償とは。
有料配信ならでは。TVでは聞けないお話にご期待ください。

開催日時 ■配信時間 2020年6月2日(火)20:00〜22:00(予定)
会場 視聴チケットは下記URLよりお願いします
https://www.loft-prj.co.jp/schedule/west/146497
URL 詳細はこちらをご覧ください
備考 ※購入受付期間:6/5(金)まで
※アーカイブは、配信終了後、6/5(金)23:59まで視聴可能
※配信サービスの仕様上、放送の遅延などが発生する場合がございます。アーカイブは遅延なくご覧いただけますので予めご了承ください。
※配信内容を録画するなどして再配信する行為は禁止させて頂いております。

著者紹介

三浦瑠麗ミウラ・ルリ

1980年、神奈川県生まれ。国際政治学者。幼少期を茅ヶ崎、平塚で過ごし、県立湘南高校に進学。東京大学農学部を卒業後、同公共政策大学院及び同大学院法学政治学研究科を修了。博士(法学)。東京大学政策ビジョン研究センター講師を経て、山猫総合研究所代表取締役。博士論文を元にした『シビリアンの戦争――デモクラシーが攻撃的になるとき』(岩波書店)でデビュー。近著に『21世紀の戦争と平和――徴兵制はなぜ再び必要とされているのか』(新潮社)。「朝まで生テレビ!」、「ワイドナショー」などテレビでも活躍する一方、旺盛な執筆、言論活動を続ける。第18回正論新風賞受賞。『孤独の意味も、女であることの味わいも』は初の自伝的著作である。

書籍紹介