ホーム > 書籍詳細:白痴/堕落論/続堕落論

白痴/堕落論/続堕落論

坂口安吾/原作 、名古屋章/朗読

3,300円(税込)

発売日:2000/04/20

書誌情報

読み仮名 ハクチ/ダラクロン
シリーズ名 新潮CD
発行形態 オーディオブック
判型 [2CD]145分
ISBN 978-4-10-830037-8
ジャンル 文芸作品
価格 3,300円

救いのない結末に戦後の頽廃が滲む安吾の代表作『白痴』、発表後まもなく若者の圧倒的な支持を得た『堕落論』とその続編『続堕落論』の3編。

著者プロフィール

坂口安吾

サカグチ・アンゴ

(1906-1955)新潟市生れ。1919(大正8)年県立新潟中学校に入学。1922年、東京の私立豊山中学校に編入。1926年東洋大学文学部印度哲学倫理学科に入学。アテネ・フランセに通い、ヴォルテールなどを愛読。1930(昭和5)年同校卒業後、同人誌「言葉」を創刊。1931年に「青い馬」に発表した短編「風博士」が牧野信一に激賞され、新進作家として認められる。少年時代から探偵小説を愛好し、戦争中は仲間と犯人当てに興じた。戦後、『堕落論』『白痴』などで新文学の旗手として脚光を浴びる。

名古屋章

ナゴヤ・アキラ

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

坂口安吾
登録
名古屋章
登録
文芸作品
登録

書籍の分類