ホーム > 書籍詳細:小林秀雄講演第一巻 文学の雑感

小林秀雄講演第一巻 文学の雑感

小林秀雄/講演

4,400円(税込)

発売日:2004/01/20

書誌情報

読み仮名 コバヤシヒデオコウエン01ブンガクノザッカン
シリーズ名 新潮CD
発行形態 オーディオブック
判型 [2CD]133分
ISBN 978-4-10-830132-0
ジャンル 文芸作品
価格 4,400円

天皇について語った唯一の談話を含め、人間にとって文学がいかに必要か、人生とは何かを切々と問いかける、人間・小林秀雄の知られざる側面。CD版。

著者プロフィール

小林秀雄

コバヤシ・ヒデオ

(1902-1983)東京生れ。東京帝大仏文科卒。1929(昭和4)年、「様々なる意匠」が「改造」誌の懸賞評論二席入選。以後、「アシルと亀の子」はじめ、独創的な批評活動に入り、『私小説論』『ドストエフスキイの生活』等を刊行。戦中は「無常という事」以下、古典に関する随想を手がけ、終戦の翌年「モオツァルト」を発表。1967年、文化勲章受章。連載11年に及ぶ晩年の大作『本居宣長』(1977年刊)で日本文学大賞受賞。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

小林秀雄
登録
文芸作品
登録

書籍の分類